« 手抜きのオシャレ2 | トップページ | オシャレの期待値 »

手抜きのオシャレ1

トオル:「どうも女にモテるには、顔が良くないと行けないらしいな」
マサト:「そーいう身もフタもないことを言うな。悲しくなってくるだろ」
トオル:「それがさぁ、顔はそこそこ加工可能らしいぞ」
マサト:「加工って、整形か?それはさずがに・・・」
トオル:「そうじゃなくて、そのままの顔で頑張ればごまかしがきくんだって」


■内面と外面

「人は内面が大事」と言われますが、内面は見えにくいので初対面やよく知らない人は、外見で相手をある程度判断しようとします。
特に、異性は外見で判断する量が増えます。
なぜなら、性別が違うために考え方が違う。
考え方が違うということは、内面の良さを判断しづらい。(自分の価値観と違うから)
だから、内面より外面を見てしまう。
こうなっています。

ところが、特に男性の中には「外面なんかじゃなく、俺の内面を見てほしい」という人が結構います。
そんなことは言っても、内面を見てもらうにはまず外面を認めてもらった方が早いので、外面をある程度のレベルに持って行く方がよいでしょう。そもそも内面を見ようとしてくれる人が減っては意味がないですから。


■顔を良くする

一言で外面を良くする、といってもやることはたくさんあります。
このテーマについては、主に男性向けに数回にわたって連載ます。
また、あまりに多くのことをやると辛いので、「最低限ここだけをやっておけば人並み以上になれる」というレベルをまずは目指しましょう。

さて、今回のテーマは「顔」についてです。
男性の顔は女性に一番よく見られる箇所です。
この顔ですが、ちょっと手を加えるだけでかなりよく見えます。

顔で大事なのは以下の点です。

・髪の毛
・眉毛
・肌
・歯
・ヒゲ

1つ1つ手入れの方法を見ていきます。

◆髪の毛

髪の毛は出かけるときには必ずセットするようにしましょう。
髪をセットする際には、整髪料を使ってください。

オシャレの基本は「オシャレしている」という状態を相手に見せることです。
整髪料を使うと「気を遣っている」と相手に見られるので、オシャレっぽく見えます。

オススメの整髪料はワックスです。
ワックスの使い方は、以下の通りです。(注:クシは使いません)
(1)ワックスを手のひら全体にまぶす
(2)髪の毛をドラゴンボールのスーパーサイヤ人並みに立たせる
(3)立たせた髪の毛を手で握りながらまとめていく

わからなければ、美容院で使い方を聞いてみましょう。
美容院は怖いところじゃないので、ホットペッパーなどのタウン誌を見て予約を入れて行けば大丈夫です。

◆眉毛

男性が忘れがちなのが眉毛の手入れです。
男性は年をとってくると眉毛が長く伸びていく傾向があります。
眉毛を伸ばしたままでいると、清潔感が無くなっていくので、カットするようにしましょう。
また、眉毛が太い人は眉の下の方を剃るようにしましょう。(抜いても良いです)

眉毛の形を初心者が整えるのは難しいので、美容院でカットしてもらうことをオススメします。
そのカットされた形を自分で写メを撮って残しておくと次から自分でできます。

◆肌

乾燥肌と、オイリー肌の人は対策をとるようにしましょう。
乾燥肌は水分が不足していて肌がカピカピになった状態。
オイリー肌も水分が不足していて、水分が蒸発しないように肌に油膜をはっている状態です。

どちらも水分不足なので、水分を補給するとある程度収まります。
本当は化粧水を付けて、乳液を付けると言ったことをした方がよいのですが、面倒な場合には肌用のジェル(ゲル)を付けると良いでしょう
ジェルは薬局で売っています。
高いものを少量よりは、安いものを顔全体にしっかりと塗る方がよいです。

また肌がすぐにオイリーになる方は、あぶらとり紙を持ち歩きましょう。
油をとっておくと、顔に清潔感が出てきます。

◆歯

歯の黄ばみは結構目立ちます。
歯医者さんに行けば、保険の範囲内で黄ばみを落としてくれます。
(歯を白くするのは別料金ですが、普通の人が白くすると不自然になるのでやる必要はありません)

定期的に歯医者さんに行って、歯の黄ばみを落としてもらいましょう。
あと、口臭が気になる方はミント系のものを買ったり、食後にミルク系のものを呑むなど工夫しましょう。

◆ヒゲ

ヒゲを伸ばす場合には、きちんと手入れをしましょう。
手入れをしたヒゲは、格好良く見えます。
手入れができない場合には、ヒゲを全部剃るようにしましょう。
ヒゲは伸ばすよりも剃る方が手入れとしては楽です。

また、顔の産毛は剃っておきましょう。
顔の産毛剃りには「ナショナル フェリエ」がオススメです。
首の回りも剃っておくと良いでしょう。
あと、耳も産毛剃りで剃っておきましょう。耳は手入れが忘れやすい部分ですが、女性からはよく見える部分です。
忘れがちなので要注意です。
(ちなみに、顔の産毛剃りを使って眉毛も整えられます)

■手入れをすることが大事

以上が、顔の手入れで最低限やっておけばOKというレベルです。
項目は多いように見えますが、やることはそれほど多くありません。
女性はこの手入れの10倍くらいはやっています。
男性はそれほど手入れが難しくないので、是非やってくださいね。

次回も引き続き、最低限のオシャレについてです。


イラスト:うさこ


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2008/06/21 |

« 手抜きのオシャレ2 | トップページ | オシャレの期待値 »