« 彼女の心を離さない | トップページ | 30分をプレゼントしよう »

まっすぐ見られない

ミキ:「今日は真剣な話があるの、聞いてくれる?」
ノボル:「うん、聞くよ」

・・・・
ミキ:「だからね、こういうことなの」
ノボル:「そうか・・・・」(でも、実際はどうなのだろう・・・わからないな)
ミキ:「ねえ、聞いてる?」
ノボル:「うん、聞いてるよ」
ミキ:「そんなこと無い、上の空になっているでしょ!」

しっかりと聞いているはずなのに、怒られてしまうノボル。
どうして怒られたのでしょう?


■視線の先には・・・

男性は話をしっかり聞いているつもりなのに、女性から「話を真剣に聞いてくれていないでしょ」と言われるシーン、意外にあったりします。
男性が真剣に聞いていても、女性からするとそうは見えないという状況が発生しているために、女性がこのようなことを言うのです。

というのも、女性が話を真剣に聞く場合と、男性が話を真剣に聞く場合とでは少し動き方が違うので、女性が「真剣に聞いてくれていない」と感じるのです。
女性が相手の話を真剣に話を聞く場合は、しっかりと相手の目を見て、そらさないようにします。

ところが、男性の場合は違います。
男性が相手の話を真剣に聞く場合は、考える間は目を宙に浮かせるのです。

そのため、女性からすると「目が宙を泳いでいる、話を真剣に聞いてくれていない」と感じるのです。


■考えるため

どうして男性は話を聞いているときであっても、目が宙に浮くのかというと、男性は考えるときには視線をそらそうとする性質を持っているからです。

男性は考えるときには、考えることに集中しようとして、ものを見ないようにします。
だから、視線が宙に浮くのです。

女性の方は、是非、この事実を知っておいてください。
男性は目をそらしていても、真剣に聞いていることが多いのです。

さて、男性はどうすればよいのか、というと、すこし頑張れば相手の女性に視線を投げ続けることができます。
やり方は簡単です。
考えるよりも、視線を相手に向けることを優先するのです。

結局、話している人が話に集中すればするほど、本人が結論をまとめていくことができます。
相手の集中を乱さないようにすれば、聞き手が納得する以上に話し手の満足度が上がります。
ここを理解して、「ん?なんでこうなるの?」と思ったときでも、考え込むのではなく、相手を見るようにすると、結果的によい方向に向かうのです。

話を聞くときには、「言葉」だけではなくて「態度」も求められるもの。
態度は忘れがちになってしまう部分ですので、ここまで気を配ることができるように、トレーニングをしていきたいですね。


イラスト:うさこ


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2008/04/15 |

« 彼女の心を離さない | トップページ | 30分をプレゼントしよう »