« 30分をプレゼントしよう | トップページ | 鬼嫁は社交辞令 »

光り物の使い方

ユウコ:「最近、気づいたことがあるんだ」
トモミ:「なになに? そんなに気合いを入れて言うほどのこと?」
ユウコ:「うん。あのね、自分の好きな服と、男ウケする服って実は違うんだよ」
トモミ:「・・・そ、そうだよね」(今になって気づいたか・・・何を今更・・・・)


■男ウケは男視点で

男性と女性とでは、そもそも見えている世界が違っています。
同じものを見ていても、男性は立体的に見ており、女性は平面的にものを見ています。

男性は立体的な視野が発達したため、1点注目する点を作り、その点の周りに視界を集中させます。

女性は平面的な視野が発達したため、広い範囲でものを見ることができます。

このように、男性と女性とで見えている世界が違うので、男性ウケするファッションと、女性ウケするファッションに違いが出てくるのです。


■光に注意

ファッションで特に大事なのが「光」の使い方です。
男性は光っているものがあると、そこに目が吸い寄せられるようにできています。
ですので、宝石や、ラメ、その他光り物を身につけると、男性はそこを見るようになります。
ここが大切なところです。

男性は光っているところに目がいくので、自分の自信がある体の部位を光らせるようにすると、男性に魅力を伝えることができます。

口に自信がある人は、グロスを塗る。
顔に自信がある人は、イヤリングをする。
目に自信がある人は、アイシャドウを光るものにする。
首元の肌がキレイなら、ネックレスをする。
手がキレイなら、指輪をする。

このように、光を取り入れることで、自分の魅力がある部分に男性の視線を向けることができるのです。
逆に、自分の苦手部分については、光らないようにしておけば、男性の視界に入りにくくなります。

ファッションって、自分が楽しむものである一方、人に見せるものでもあります。
人から見てどう見られているのか、という視点でチェックすることも、大切なことなのですね。


イラスト:上田 城


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2008/03/31 |

« 30分をプレゼントしよう | トップページ | 鬼嫁は社交辞令 »