« 鬼嫁は社交辞令 | トップページ | 小さな幸せの作り方 »

男脳と女脳ができるとき

男と女は違う。
見た目どころではなく、考え方も違ってくる。
この「考え方が違ってくる」というのはどこから発生しているのでしょう?

女性なのに、男性的になってしまう人も世の中にはいます。
この『男脳』と『女脳』が生まれるタイミングを見ていきましょう。


■男脳と女脳の分離

よく、男性と女性の違いは「染色体の違い」と言われています。
ところが、男性の中にも女性っぽい人がいたり、女性の中にも男性っぽい人がいたりします。
このような人が生まれる理由の1つに、胎児の時に男性ホルモン(アンドロゲン)のシャワーを浴びているか、いないか、という違いがあります。

男性は、胎児の時、そして生後半年までの間に、体内で分泌された男性ホルモン(アンドロゲン)を脳に浴びます。(これをアンドロゲンシャワーと言います)
アンドロゲン・シャワーを浴びると男脳ができ、
アンドロゲン・シャワーを浴びなければ女脳ができるのです。

女性であってもアンドロゲンシャワーを浴びる人がいます。
こういう女性は活発で、決断力のある女性に育つことが多いです。

逆に、男性でアンドロゲンシャワーをわずかしか浴びていない場合には、女性っぽい男性になることが多いのです。

■解明されていないけれど

アンドロゲン・シャワーの結果、脳のどの部位にどういう影響が与えられるか、と言うところまでは現在のところ解明されていないようです。
とはいえ、こうして男性と女性の考え方が違ってくる、少なくともそういう傾向は出てくる、というのは信じても良いと思います。

考え方が変わってくれば、「男性なりの合理性」と「女性なりの合理性」が違ってきたりします。
男性と女性が話すとき、お互いの合理性の違いで、つまづくことが多いです。
まさに、男性と女性で異文化コミュニケーションをしている状態なのです。

異文化同士がふれあうと、その中で新しい価値が生まれてきたり、新しい発見があったりします。
人間は、自分にないものを求める傾向があります。
男性と女性が惹かれあうのは、まさに自分にないものを相手が持っているからなのですね。

自分の合理性は正しい、でも、相手の合理性も正しい。
こういう意識を持って相手と接すれば、異文化コミュニケーションはうまくいきます。
男性が女性と接するとき、または、女性が男性と接するときにも、「異文化コミュニケーションをしているんだ」という気持ちで、「相手の言い分は自分的には合理的ではないけれど、相手からすると合理的なものなのだ」という意識で聞いてみてください。
そうすれば、新しい発見があると思います。


イラスト:はらぺこ


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2008/03/11 |

« 鬼嫁は社交辞令 | トップページ | 小さな幸せの作り方 »