« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

小さな幸せの作り方

以前、「男性は1度であっても大きな幸せに喜びを感じ、女性はささやかであっても複数の幸せがあることに喜びを感じる」と書きました。

ところで。

男性の大きな幸せというのは、「昇進する」とか「車を買う」とか「試合に勝つ」といったものなので、そこそこわかりやすいですが、女性の「ささやかな幸せ」というのは男性にはわかりづらいらしいです。
この「ささやかな幸せ」を男性がいかにすれば作れるか、見ていきましょう。


■こんなことがオススメ

「ささやかな幸せ」と言うだけあって、男性が女性にできることがたくさんあります。
日常で少し気をつけるだけで、女性の気持ちが良くなります。
では、1つ1つ見ていきましょう。

◆人前に彼女を連れて行ったときでも、彼女を放ったらかしにせずに、彼女を気遣う

◆デートで食事を決めるときに「あれにする、それともこれにする?」というように選択肢で決められるように準備をしておく

◆愛情表現をたくさんする。「好き」とか「愛してる」とかが照れて言いづらい場合には「君とつきあえて幸せだよ」みたいな感じで言う。

◆ビルにはいるとき先にドアを開けて待っていたり、車を降りるときに早く降りてさっとドアを開ける

200802221



◆外見をほめる。特に女性がオシャレをしたときや髪の毛を切ったときには、「今日はいつもよりいいね」という感じで「気づいているよ」ということを相手に伝える。

◆小物以外の荷物を彼女が持っていたら、自分が持つようにする。

◆デート中に彼女がゴミを持ったら、すかさずゴミを自分が受け取る。
(たとえば、おやつを外でかって食べたとき)

◆彼女が人とケンカをしたり、会社や学校で嫌なことがあった場合、たとえ彼女に非があっても、まずは彼女の味方となって話を聞く。

◆彼女が話したい雰囲気を醸し出している場合には、まず、何をおいても話を聞く。

◆彼女の「相談」には「アドバイス」で返さないようにする。

◆彼女以外と旅行に行ったときには、彼女向けのおみやげを買って帰る。

◆彼女とデートするときには、自分もオシャレをする。

◆彼女の話を聞くときには、新聞やら読書やらインターネットをいったんやめて、話を聞くのに80%程度集中する。(男性は他のことをしながら話を聞いていると、10%くらいしか集中していないので、女性は「全然話を聞いてくれない」と感じてしまう)

◆メールや電話をまめにする彼女の場合、たまには自分からメールや電話をする。

◆彼女が話しやすいように、自分から話題を振る。
例:「今日は何したの?」「XXに行くって言ってたよね。どうだった?」「そういえば新しい人が今日、部に入ってくるって言ってたけどどんな人だった?」



■簡単なのに、幸せ

以上のように、やると良いことって、難しいことはほとんどありません。
しかも、彼女のために行動すれば、彼女は喜んで、二人の関係も良いものになっていきます。

ささやかな幸せは、思ったより簡単に作れるもの。
是非、好きな女性に「ささやかな幸せ」をプレゼントしてみてください。


イラスト:ムラクモ

織田隼人 |

遠距離恋愛対策ツール

ワタル:「また、1ヶ月あえないんだな」
ミユキ:「うん。。。会えない間、メールしてね。待っているから」

遠距離恋愛は、なかなか会えなくて切ない。
メールとか、そういう連絡手段が二人をつないでいる。
でも、メールって返事を待っている時間が二人の間に危機感をあおる。
メールや電話以上に遠距離恋愛に役立つ連絡方法っていったいなんなんだろう・・・


■メールや電話では不安

遠距離恋愛での一番大きい障害は、「そばに相手がいない」という不安です。

この不安を解消するために、よく使われるツールが、「携帯メール」や「電話」だったりしますよね。
ところが、このメールや電話には少しばかり弱点があります。

◆メールの弱点

メールは、自分が1通出したら、相手から1通返ってくる、ということが前提となっているコミュニケーションツールです。
1通出して、1通返ってくる。
この順番がうまくいかなくなると、返事を待つ側がストレスを感じやすくなります。
また、メールは返事を待つ時間も大事です。
即レスする人は即レスをきたいし、遅レスの人は遅レスでも良いと考える。
この返事の時間の考え方により、即レス派の人が待っている時間にストレスを感じやすくなります。

◆電話の弱点

電話をかけるときには相手の状態が分からない。
相手が仕事中の時や、相手が寝ているときに電話した場合、気まずくなってしまいます。
その後、積極的に電話をする気がなくなってしまう。
こうして、お互いに電話がしづらくなってしまいます。


■弱点を克服するために

メールや電話は、相手にいつ連絡を入れて良いのか、結局わからなくなる。
本来、いつでも出して良かったメールが、返事を前提とすることによって、「相手の状態を知らなければ使いづらい」というものになってしまっているのです。

遠距離恋愛では、この連絡のタイミングを量ることが難しいので、そこをカバーしてくれるツールを使ってみましょう。

200802151

◆インスタントメッセンジャー

パソコンを自分の部屋に置いている人であれば、インスタントメッセンジャーを使うことをおすすめしています。
というのも、インスタントメッセンジャーはお互いにログオンしている状態がわかります。
相手がログオンしていれば、気楽に話しかけることができます。
その後、電話をしても良いし、インスタントメッセンジャー自体が電話と同じような機能も持っています。
インスタントメッセンジャーがあれば「話をするタイミングを作る」ということが簡単にできるのです。

この「話をするタイミングが簡単につかむことができる」という安心感をカップルの二人ともが持つことができれば、遠距離の障害である「そばに相手がいない」という気持ちを和らげることができます。
「すぐに連絡が取れる」と感じることができ、相手のログオン状態さえわかれば「すぐ近くに相手がいるような気がする」という安心感をお互いに持つことができるのです。

◆LINEなどのSNS

インスタントメッセンジャー以外にも、お互いにSNSをすることも1つの解決法だったりします。
こちらは、お互いに携帯を使っているときでもオススメです。
相手のログオンの状態を見ることができれば、「ここは電話しても良いタイミングかも」ということが何となくわかります。
電話をする障壁を下げることができるのです。

インスタントメッセンジャーはPC専用になってしまいますが、SNSであれば携帯でも使用できます。


■相手に「状態」を

この2つツールはともに本人があまり意識せずとも相手に「自分の状態を相手に伝えることができる」という特徴を持っています。
この「自然に状態を伝える」という効果により、相手も「あ、今なら楽に話しかけられる」という安心感を与えます。
結果的に、気軽に話しかけることができるうえに、「話しかけるタイミングがわからない」という悩みが消えて「いつでも話しかけられるから安心」という気持ちが生まれてきます。
この「安心」という気持ちによって、二人の関係も安定化するのです。

遠距離恋愛は「気持ち」だけではカバーできないことがたくさんあります。
物理的距離、金銭面の問題、時間の問題。
このような問題を乗り越えるために、コミュニケーションツールを上手く使いこなすとか、そういう「気持ち」以外の部分でも工夫するようにしましょう。
きっと、その工夫がお互いの気持ちを支えてくれることになることでしょう。


イラスト:うさこ

織田隼人 |

痛い話を聞こう

ミキ:「ウチの上司って、仕事上の問題点を指摘すると、すぐに耳を閉ざすんだよねー」
マリ:「私のところの上司は聞いてくれるよ。女性上司だからかなぁ」
ミキ:「きっとそうだよ。だってウチの上司は男だもん」
マリ:「でもさぁ、どうして男の上司って耳の痛い話になると、耳をふさぐんだろうね」

男性上司は、知らないところで女性の部下から「話を聞かない上司」と認定されているのであった。


■正しい上司の姿

女性の職場での不満の1つが、「男性の上司が自分の話を聞いてくれないこと」だったりします。
ところが、その男性上司自身はというと、「自分は管理者としてしっかりやっている」と思っていることが多いのです。

どうして、このようなすれ違いが起きるのかというと、『女性が考える正しい上司の姿』と『男性が考える正しい上司の姿』が異なっているからなのです。
この違いについて見ていきます。


■心のケアまでが上司の仕事

女性は、上司の仕事の範囲を『仕事のケアの他に、職場での雰囲気作りや(ある程度の)部下の心のケアまでを行うこと』と考えます。
たとえば、職場で嫌なことがあったとき。
それを上司に報告すると、「そうだね。それは問題だね」と聞いてくれる。
ここまでを女性の部下は求めていることが多いです。

ところが、男性は上司の仕事の範囲を女性とは違うように考えています。
男性は上司の仕事の範囲を『仕事の効率が上がるような体制を作ること』と考えています。
このため、心のケアや職場の雰囲気などは後回しにされるか放置されるのです。


■痛い話

女性の部下が男性上司に「自分の仕事のここが問題だ」といった感じのことを言うと、男性上司は「また、不満を聞くことになるのか・・・」と耳を閉ざしてしまうことがあります。

男性上司にとって「不満を聞くこと(つまり、心のケアをすること)」という仕事は自分の仕事の対象外なのです。
だから、「男性上司は痛い話に耳を貸さない」と女性に思われてしまうのです。

男性上司からすると、不満を言われると「改善しなければならない」と考えるところでしょうが、すべてにおいて改善する必要はありません。
大事なところだけ、対応する。
あとは、とりあえず女性部下の話を聞く。
それだけで、女性部下からの信頼を勝ち取ることができます。
なぜなら、女性は話をするだけでも、ある程度の不満を自分で解消させることができるからです。
つまり、話を聞くことで、女性部下への心のケアができてしまうのです。

たとえそれが「面倒な話」や「会社に対する愚痴」であっても、「自分が全部それを背負って改善しなければ」とは考えずに、まずは聞くだけでも良いのだ、と考えて聞いてみるようにしましょう。


■痛い話を言う前に

ところで、女性の部下の視点から何かできることはないでしょうか?
実は、あったりします。

男性は「自分が改善できないことを相談されても、ストレスがたまるだけ」という性質を持っています。
女性が上司に話したくなるものの大半が「実はどうしようもないこと」だったりします。
ほとんどが改善されずに、現状維持されるものばかりでしょう。
だから、それらの話を聞いても男性上司には何もすることができない。
その点を理解して、「こういう話を男は聞かないものだ」と認識してあげましょう。

ただし、「改善が必要」な話もあるかと思います。
それらは、しっかりと「これは改善が必要なテーマである」と上司に認識させる必要があります。
時には改善提案書を作ったり、また、上司に時間がなさそうなら自分自身に白羽の矢を立てて、「私が行動し、責任をとります」という形で持って行くことをおすすめします。
そうすれば、男性上司にとっては「仕事の話である」という認識が生まれるからです。

職場で男女の心理の違いを知っておくように、と相手に言ってもなかなか分かってはもらえないものです。
職場という場所だからこそ、気づいた方が相手の立場を理解して行動していきたいものですね。


織田隼人 |