« 痛い話を聞こう | トップページ | OKの範囲 »

愛情の感じ方

ユミコ:「彼に誕生日プレゼントあげたら、嬉しそうにはしてたけど、すごく嬉しそう、ってわけでもないの」
マミ:「あー、私の彼もそう。なんか、男ってこっちが頑張っても、あんまり喜んでくれないよね」
ユミコ:「そうそう。いったい、どうすれば喜ばれるんだろうね」
マミ:「・・・ユミコってイイコだよね~」
ユミコ:「えへっ、そうでしょ」


■女性が愛情を感じるとき

女性と男性とでは、相手に対して「この人を大事にしていこう」という愛情が生じるタイミングが違っていたりします。

女性は、「何か」を先回りして実行してもらえたとき、愛情がわきあがってきます。

ビルに入るときに男性にドアを開けてもらえた。
歩道を歩くときに、車道側を男性が歩いてくれた。
なんでもないときに、花を買ってくれた。
「おなかすいた」と言う前に、レストランを探してくれた。
自分が相手に「好き」という前に、「好きだよ」と言ってもらえた。

こんなとき、女性は愛情がわきあがってくるのです。


■男性が愛情を感じるとき

ところが、男性が愛情を感じるタイミングは少し違います。
男性は女性に何かした後に、女性に喜んでもらえたら愛情がわきあがってきます。

レストランに連れて行ったら、おいしそうに食べてくれた。
プレゼントをあげたら、喜んでもらえた。
デートに誘ったら、うれしそうにしてくれた。
荷物を持ってあげたら、「ありがとう」と言ってもらえた。

こういう時に、男性は愛情がわきあがってきます。
なぜ、男性がこのようなときに愛情がわきあがるのかというと、男性の「愛情発生のメカニズム」が次のようになっているからです。

(1)彼女に喜んでもらえる

(2)自分の存在が認められたと感じる

(3)自分を認めてくれる相手を認めるようになる

(4)認めた相手に愛情がわきあがる

なかなかおもしろいメカニズムですね。

■愛情を感じてもらおう

つきあいが長続きするカップルは、相手の愛情のわきあがるポイントというのをほどよく刺激していることが多いです。
無意識のうちに、そのポイントをつかんだ人もいれば、いろいろ失敗してその経験からつかんでいる人もいます。
今回の記事のように、「理屈」から理解してその上で実践するというのも、1つの方法であると思います。

是非、相手の愛情をほどよく刺激していき、長いつきあいをしてみてくださいませ。


イラスト:上田 城


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2008/01/25 |

« 痛い話を聞こう | トップページ | OKの範囲 »