« 愛情の感じ方 | トップページ | 道順の伝え方 »

OKの範囲

ミノル:「今日のデートはサッカー観戦にしようよ」
ユミ:「う、うん」
ミノル:「楽しみだねー」
ユミ:「そうだね」

たったこれだけの会話。
これが積み重なっただけで、後の二人の関係が大きく揺るされることになるとは、ミノルは思いもしなかった。


■OKの範囲が違う

女性は、「OK」という意思表示をするとき、「もちろん」という意味を含めて言う場合と、「しかたないか」という意味を含めて言う場合の2つがあります。
「しかたないか」という意味を含めてのOKの場合、少なからず女性に不満がたまることになります。
これが要注意なところです。

女性は男性よりもOKの範囲が広いのです。
図にしてみるとこんな感じです。

Yes ・・・・・・・・ No
男性
女性
図 OKの範囲

女性はOKの範囲が広いため、多少いやなことでも、OK「いいよ」と言うのです。

一緒にDVDを借りに行ったとき男性が「アクションものをみよう」と言うと、
女性は「今日はミステリーがいい」と思っていても、「まあ、いいよ」と答え
ることがあります。
この場合、男性は「OKがでたのだから問題なし」と思うのですが、女性の本心はそうではありません。
「今回は引いたので、次回は私の思ったとおりにしてほしい」と女性は思っているのです。

■聞くのが大事

女性のOKは広いので、男性は「こうしよう」と言うのではなく「こうするのはどう?」と聞いて行くようにしましょう。
「スポーツ観戦に行こう」と言うのではなく「スポーツ観戦はどう?」と聞くようにすれば、遠慮しがちな女性であっても「映画はどうかな?」と言うことができます。

上手に女性の意見を聞き出せれば、女性の不満もたまることはありません。
女性のOKの範囲を理解していれば、相手の意見を引き出すのが上手になるのですね。


イラスト:うさこ


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2008/01/11 |

« 愛情の感じ方 | トップページ | 道順の伝え方 »