« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

結婚後の男性の愛情

結婚してからデートに行くことが無くなった。
結婚前の彼はアクセサリーとか買ってくれたのに、最近は買ってくれない。
付き合い始めた頃とずいぶん変わったなぁ。
昔に戻れないのはわかるけど、愛情は示して欲しいなぁ。
そう思う、結婚3年目のある一時だった。


■愛情の2つの状態

結婚前後にかかわらず、付き合ってしばらくすると彼の熱烈な愛情が感じなくなる日が必ず来ます。
これは、男性にとって愛情の形が「狙っているとき」と「維持するとき」の2つの状態で違うからです。

「狙っているとき」とは付き合う前の状態、付き合ってもまだ彼女からの愛情を確信できていない状態。
この状態では、彼は彼女との付き合いを確定させるために、様々なことを頑張ります。
デートのプランニング、誕生日のお祝い、少し豪華な食事、花のプレゼント、マメな連絡・・・
「狙っているとき」の男性は彼女の心を得るまでは、わかりやすい形での愛情を示します。

しかし、「維持するとき」の状態になると男性の愛情の形は変わります。
例えば、結婚している場合。
花は滅多に贈らないです。豪華な食事も誕生日や記念日くらいになります。
こんな感じで、男性の愛情が減ったように女性は感じるかもしれません。
しかし、男性からすると愛情はきっちりと示しているつもりでいます。
例えば結婚指輪を着けている男性。
この結婚指輪を付けているだけで男性は「日々、奥さんに愛情を示している」と思っているものです。
他にも、これからの二人の未来を計画する。
デートの計画よりも、これからの二人の未来を計画することの方が男性にとっては大事なことになっている。
このように、「維持するとき」の男性の愛情は女性からはわかりにくいものになっているのです。


■維持する愛情の例

では、この「維持するとき」の愛情はどんなものがあるのでしょうか。
いくつかここで見ていきましょう。

・結婚指輪をする
 →彼からすると、毎日「好きだよ」といっているようなものです。
・二人の現実的な未来を話す
 →ずっと付き合うという前提だからこそ、出てくる発想です。
・毎日家に帰る
 →一緒にいるのが楽しかったり、癒されたりするので、家に帰ります
・困っていたら助けようとする
 →自分の分身が困っている状態なので、本気で取り組みます。
・お金を家に入れる、お金を貯める
 →二人の将来のために必要な資金を貯めようとします。
・趣味以外の物にお金をかけないようにする
 →ファッションもレベルを落とす人は結構います。それよりも「家(二人)の安定」の方を重視します。

200711301

こんな感じで、くっついた後の男性は「安定」した愛情を示すようになります。
「維持するとき」の愛情には「派手さ」があまりありません。
なぜか、というと短期的な利得を求めての行動ではなく、二人の関係を長期的な視点で見ているからです。
長期視点での行動だからこそ、「派手さ」のない愛情となるのです。

そう考えてみると、派手さのない愛情は、深い愛情なのかもしれませんね。


イラスト:うさこ

織田隼人 |

経済学に学ぶ男と女

あるところに、洗濯が得意な男性と、料理が得意な女性がいました。
この二人が結婚しました。
男性は彼女の分も洗濯し、女性は彼の分まで食事を作るようになりました。
お互いに得意なことをやることで、効率がアップしました。
さらに、まとめて作業が出来ると言う点も、効率のアップに寄与しました。

二人にとって結婚は、愛しあっている大切な人と過ごすというだけではなく、経済的(労働的)にも有効に働きました。

とまあ、こんな感じで男女の「労働」の視点を使って、経済的に男女の関係を見ていきます。

■得意が違うと、効率アップ

まず、最初に出てきた男性と女性の作業時間を例を使って表にしてみました。
こんな感じになります。

洗濯 料理 合計
男性の作業量 30分 50分 80分
女性の作業量 40分 30分 70分

もし、男性が1人暮らしの場合、洗濯と料理で、80分の時間を使うことになります。
もし、女性が一人暮らしの場合、洗濯と料理で、70分の時間を使うことになります。
1人暮らしの男性と、1人暮らしの女性の時間を合計すると、150分の時間を費やしています。

では、男性が女性の分の洗濯もすると、洗濯だけで30分×2人分で、60分で済みます。(実際はまとめてやるのでもう少し時間短縮が出来るとは思いますが)
女性が男性の分の料理もすると、料理だけで30分×2人分で、60分で済みます。
2人で得意な部分を分担すると、合計120分で済みます。
なんと、1人暮らしに比べて、30分も時間短縮できているのです。

■何となく得意

では、次のような場合はどうでしょう。

掃除 料理 合計
男性 40分 50分 90分
女性 30分 30分 60分

男性が一人暮らしの場合には、90分。
女性が一人暮らしの場合には、60分。
合計すると、150分費やしているケースです。

両方共を女性がやると効率的ですが(120分で済む)、さすがにそれでは女性の負担が大きいので、男性に掃除、女性に料理をやってもらうことにしましょう。

そうすると、男性が掃除すると、40分×2人分で80分。
女性が料理をすると、30分×2人分で60分。
合計で、140分になります。
やっぱり、男性の1人暮らし、女性の1人暮らしの合計よりも効率的になっていることがわかります。

200711231

■性質が違う二人がくっつくからこそ

これを見てきて、わかることがあります。
性質が違う人が上手に役割を分担すると、効率が良くなるのです。
男性と女性。
性別が違っているし、考え方も違っているし、得意な分野も違っている。

だからこそ、男性と女性は上手くいくように出来ているのでしょうね。
考え方が違うから、たまにはケンカをするかもしれない。
でも、相手の考え方を受け入れることが出来れば、これほど強力なパートナーはいないかもしれません。
なぜなら、自分と違う能力を持った人が異性なのですから。

能力、考え方の違いを「受け入れる」ということが、男女の関係を上手くいかせる秘訣なのではないか。
経済学もこんなことを我々に教えようとしてくれているのかもしれません。


イラスト:はらぺこ

織田隼人 |

理想の姿

サナエ:「ゴメンなさい。あなたとは付き合えません」

あこがれのサナエさんに告白した結果、振られた。
デートは楽しかったし、会話も盛り上がっていたと思う。
サナエさんは俺にとってあこがれの女性だった。
俺に優しく接してくれた。
なのに、なぜ、俺は振られたんだろう・・・


■理想の女性

男性が良くやってしまう過ちの1つに、女性を理想化してしまう、というものがあります。
もちろん、女性も男性の理想化はしてしまいますが、男性ほどは悪い影響がありません。
なぜなら、男性は女性に理想化されても自分というものをそれほど曲げないらです。
そのうち、女性がそのことに気づき、その女性は現実路線で考えるようになります。

ところが、女性は理想化されてしまうと、その男性の理想を崩したくないと考えます。
場合によっては、その理想を努力してかなえようとします。

ここが問題になるのです。

もともと、天使のように理想の女性なんて世の中にはいません。
そして女性が無理をして天使になろうとすると、非常に大きな心の負担を感じるのです。

200711161

■受け止めて

好きな異性が出来ると、その中に自分の理想を当てはめようとしてしまう事って誰にでもありがちです。
でも、現実はそんな理想の人なんていない。
これを理解しておくことが重要です。

なにより、理想よりも大切なものがあります。
それは目の前にいるその好きな人自身です。

アナタに出会うまでいろいろな経験をして、そして一人の人間として成長してきた。
そんな一人の人として相手を見て、そしてその人をもっと知りたいと思って恋愛をする。
こういう気持ちで好きな人に挑めば、理想を当てはめる恋愛よりも上手くいきます。

好かれた人は「私のことを知ろうとしてくれている」ということがわかり、自分を出しても良い、自分の理解者がここに現れようとしている、とうれしくなるのです。

相手のことを知れば、良い意味で理想を裏切ってくれることも多々あるはずです。
恋愛においては自分を投影するのではなく、相手を見ることが重要なのですね。


イラスト:おかじ伸

織田隼人 |

好みの女性と並んで歩く

トオル:「明日はモエミちゃんと一緒に買い出しをするんだったな。ちょっと楽しみだ」

トオルはモエミに恋をしている、というわけではない。
とはいえ、モエミはカワイイ部類に入る女性である。
カワイイ女の子を連れて歩く。
それだけで、うれしいと思うトオルであった。


■イケメンと美女

男性、女性共に、好みの異性と一緒に歩くと、うれしいものです。
たとえ、付き合っている相手ではなくても、恋心を抱いていなくても、素敵な異性と並んでいると、自分の価値が上がったように感じます。

この「素敵な異性と並んで歩くと誇らしい気持ちになる」というのは、男性の方が強く感じる傾向があります。

というのも、女性の方が見られる立場にあるからです。


■カップルのどちらを見る?

彼と一緒に歩いている。
前からカップルが歩いてきた。

こういう状況の時、女性は前から歩いてきたカップルの女性に注目します。
男性も、前から歩いてきたカップルの女性に注目します。

女性の方が男性よりも注目されるのです。
このため、男性の方が「素敵な異性をつれている」という状況で満足感を感じるのです。

200711091

■相手のオシャレがうれしい

ここまで見てわかることは、デートの時に相手にオシャレをしてきてもらえると、デート相手はうれしくなる、ということです。
一緒に歩いているときに、気分が良くなるのです。

ちょっとマンネリ気味のカップルだと、どうしてもそのことを忘れてしまいがち。
男性ほどではなくても、女性も素敵な異性と歩いているとうれしく感じます。
男女ともに、デートの時にはオシャレをしてみる、というのは思っている以上に大事なのです。
もし、オシャレを忘れかけているようなら、つきあい始めの頃、頑張って服を選んでいたあのときの気持ちを思いだしてみてください。
頑張った分だけ、デートも楽しくなると思います。


イラスト:上田 城

織田隼人 |

復縁には半年の我慢

「どうしても、どうしても彼と復縁したいんです。どうしたらよいのでしょうか?」

失恋の後は辛いもの。
忘れられる恋愛もあれば、忘れられない恋愛もあると思います。
忘れられない恋愛・・・
もう一度彼の心を取り戻すにはどうしたらよいのでしょう。


■我慢

復縁のために最初にすべきことは、彼との連絡を絶つことです。
最低でも半年くらいは彼と音信不通になりましょう。

なぜ、音信不通になるのがよいのかということについて以後見ていきます。

男性は、思い出を「物事」をベースに記憶します。
例えば、ベイブリッジに行った記憶はベイブリッジがメインとなります。

女性はというと、思い出を「感情」をベースに記憶します。
ベイブリッジに行った記憶と言うより、「楽しかった」「うれしかった」という感情が記憶のメインになるのです。

ここが大事で、男性は「物事」ベースの記憶をするため、時間が経てば別れるときのイヤな感情も忘れてしまうのです。
だから、半年待てば、復縁の可能性が上がるのです。

時間が経つことにより、付き合っていた頃の思い出のイヤな部分が消され、「デートをした」という事実から思い出す、良い思い出だけが残されるのです。

200711021

■思い出させないために

この時間をクスリにする方法で大事なのが、「一切の連絡を絶つ」ということです。
途中で連絡を取れば、そのときにイヤな思い出を思い出してしまいます。

別れてから、月に1回ずつメールを打った場合、半年後に復縁する可能性はかなり低いです。
しかし、一切の連絡を絶っていれば復縁する可能性は高くなっています。
時間というクスリを使うときには、自分が我慢する必要があるのです。

半年我慢しようと思うと、最初の1ヶ月くらいは毎晩のように寝る前に悲しみに襲われ、辛い涙を流すことになるかもしれません。
しかし、一度崩れたものを取り戻すにはそれ相応の犠牲が必要になります。
復縁の場合は、半年間の我慢がその犠牲です。
そして、その我慢が自分を成長させてくれるはずです。
成長した姿で、もう一度彼に会うときまで、今は我慢しましょう。


イラスト:ムラクモ

織田隼人 |