« 復縁には半年の我慢 | トップページ | ルールを知ろう »

自分の納得よりも未来を

トモミ:「もうダメなのはわかっているけど、最後くらい会って別れる理由をきっちり説明して欲しい・・・」

トモミはわがままで彼を困らせたことによって、彼の愛情を失ったことは、何となくであるがわかっていた。
そして、それが原因で、彼に電話で「別れよう」と言われたことも。

トモミ:「でも、納得いくように会って話をして欲しい」
トモミは、また同じ事を空に向かってつぶやくのであった。


■会って話がしたい

彼や彼女から電話やメールで別れを切り出された。
なんとなく、相手の意思は確たるものだとわかっている。
こんな時であっても、人は「会って話をして、納得させて欲しい」と思うものです。
別れるときに会って話をして納得させて欲しい、と思う気持ちは女性の方が強い傾向があります。

でも、ちょっと待ってください。
確かに、会って納得させてもらえた方が振られる側はよいかもしれません。
しかし、振る側は必ずしもそうするとは限らないのです。


■振る側の心理

恋人と別れるとき、会って「別れよう」と相手に伝え、相手が納得するまで話をするのは、振る側にとって相当心理的負担がかかります。
そのため、相手が必ずしも納得するまで説明してくれるとは限りません。
(それが、良い、悪いは別問題ですが)

また、納得するまで説明することによる心理的負担が発生することにより、今後復縁の可能性も減らしてしまいます。

もし、最後の可能性にかけているのであれば、「納得するよう説明して欲しい」という気持ちはいったん横に置いておいて、復縁の可能性にかけた方が良いでしょう。

■振られる側で出来ること

多くの場合、振られた人が「納得できるように話して欲しい」と言っている場合、本心では「最後の可能性があるはず。理由さえ聞けばそこを直してヨリを戻せるかもしれない」と考えています。

この「納得させて欲しい」という表面上の感情ではなく、「ヨリを戻したい」という本心に目を向けるようにしましょう。

たいていの場合、自分がダメだったところはわかっているはずです。
「素直に気持ちを示せなかった」とか「自分がいてよりも好きすぎて依存してしまった」とか「わがままを言いすぎた」とか「調子に乗りすぎてしまった」とか。
こういう部分を半年くらいかけて修正し、生まれ変わった姿で再度、元恋人に会った方が復縁の可能性は高くなります。
特に女性の場合であれば、半年ほど我慢すれば復縁の可能性も上がります。
なぜ半年我慢するのかは、来週お伝えします。


イラスト:うさこ


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2007/10/26 |

« 復縁には半年の我慢 | トップページ | ルールを知ろう »