« 彼を英雄に(名将の妻) | トップページ | デートの理由 »

いきなり告白?

タケシ:「この前、電車の中で一目惚れしたんだ」
ワタル:「そりゃ大変だな。で、どうやってアプローチするつもりなんだ?」
タケシ:「同じ電車に乗って、見つけたときに告白するしかないかもしれないなぁ」
ワタル:「うーん、そりゃ一種の賭けだな」
タケシ:「そうだけど、仕方がないっしょ」

一目惚れの恋。
なかなかにハードな試練が待っているようです。


■どうすればよい?

男性は恋に落ちると「どうすれば、彼女と付き合えるようになるのか?」という考え方をするようになります。
ちなみに、女性はというと、「彼は私のことをどう思っているのかしら?」と考えます。 (『気になる』参照)

さて、このように男性が 「どうすれば、付き合えるのか?」という思考から始めるがために、失敗してしまうケースがあります。
それは、あまり親しくなく、滅多に会えない人を好きになってしまった場合です。

■焦りが失敗の元

男性が滅多に会えない人を好きになると、「次会ったときにはこうしよう」とか「どうすればまた会えるのか?」「これからも会う機会を作れるのか?」といったことを脳内で考えます。
この「これからも会うことができるのか?」という言葉が頭の中で何度も駆けめぐり、男性をどんどん焦らせます。

そして、場合によっては1度しか会ったことのない人に告白してしまうことすらあるのです。

しかし、この焦りは多くの場合失敗する確率を上げてしまいます。
というのも、女性の気持ちの盛り上がりは男性ほど早くはないからです。
(『恋愛曲線1』参照)

なかなか会えない女性こそ、計画的に時間をかけて仲良くなった方がよいのです。

同じ電車に乗るのであれば、最初は軽く会釈をする。
そのうち、声をかけて挨拶をする。
そうやって時間をかけた方が成功する確率が上がるのです。

恋愛を上手く進めるためには、相手のペースに合わせたり、自分の思考の癖を知っておくことも大切なことなのですね。


イラスト:上田 城


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2007/10/05 |

« 彼を英雄に(名将の妻) | トップページ | デートの理由 »