« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

紅一点

ヒロシ:「なあ、大勢の男の中に女が一人いるのって『紅一点』って言うよな」
タロウ:「うん」
ヒロシ:「じゃあ、大勢の女の中に男が一人ってなんて言うか知ってるか?」
タロウ:「うーん、『黒一点』かなぁ」

ヒロシ:「正解は・・・『ハーレム』だよ」

200707271



■紅一点の効果

世の中、意外に紅一点という状態は多いもの。
・男子中心のスポーツ系部活での、女子マネージャー。
・男性ばかりの営業部での、女性アシスタント。
・理系の多い研究所での女性研究員。
・・・

この『紅一点』の状況は悪くはないようで、男性ばかりが集まる状態に比べてチームとして上手くいくことが多いようです。

チームが男性のみの場合、そうすると、共通の敵や目的、チーム内でのライバル心といったもので個々人のモラール(士気)の向上が起きます。
男性ばかりのチームに女性が少しでも混ざると、「女性に良いところを見せたい」という向上心がさらに追加されます。
また、その女性から褒められた場合には大きな達成感を感じるようになります。(注1)
これが、紅一点の効果です。
女性がいると、チームの男性の士気が上がりやすくなるのです。


■ライバルよりもサポート

この紅一点(男性のみのチームに女性が混じる)について、もう1つポイントがあります。
女性が男性と同じ仕事をする場合よりも、女性がサポート役に回った場合の方がチームの士気向上に対する効果が大きいのです。

女性と男性がライバル関係になった場合、女性が男性を褒めたり、ねぎらったりすることが増えないためです。
また、ライバルに対しては「良いところを見せるぞ」という男性の心理が働きにくいところもあるからです。
この場合にはライバル役の女性の他にサポート役の女性が追加されると、男性の士気向上が図れます。
紅一点と言っても、「ライバル型」と「サポート型」では士気の向上レベルが違ってきます。

今回は紅一点の場合のチーム編成についてみてみましたが、他にもチーム編成時にこういう組み合わせでチームを編成すればチームの士気が向上するという組み合わせがたくさんあります。
次回は、女性大勢に男性1人というパターンを見てみましょう。


イラスト:ムラクモ

織田隼人 |

幸せな不安

マナミ:「カナコって最近彼氏と上手くいっていて良い感じよねー」
カナコ:「うん。マメでやさしくて、頭も良くてイイ彼なんだけど・・・」
マナミ:「ん? なんか不満でもあるの?」
カナコ:「不満というか、こんなに上手くいっていて、大丈夫かなって不安になるの」

どうやら、カナコさんは今の幸せな状態にいることが「不安」となっているようです。
でも、幸せなはずなのにどうして不安になるのでしょう?

200707201




■自信のホルモン

「幸せすぎて怖い」というセリフ。
男性からは聞くことはあまりありません。(まあ、冗談ではあるかもしれませんが)
どうして女性だけが言うのかというと、女性は男性よりも自己評価が低くなる傾向があるからです。
もっとわかりやすく言うと、女性の方が自分に自信を持っている人が少ない、と言うことになります。

男性は自分自身の自己評価を高く認識することが多いです。
これは、テストステロン(自信や攻撃性を発揮するホルモン)というホルモンが男性には多いことが関係しています。
仕事で「俺、こんなにすごいんだぜ」という自己PRをする男性が多いのもこのためです。
しかし、女性はというとこのテストステロンが男性より少ないため、、女性は自己評価が低くなりやすいのです。

■自信生成

この女性が自信を持ちにくいという性質。
悪いところだけではありません。
10代半ばから35歳くらいにかけて女性は「自分磨き」とか「自分探し」という努力を行うようになります。
そして、さまざまな経験を積む中で徐々に自分に釣り合った自信というものを身につけていきます。

この自信ですが、以下のような事柄で身に付くことが多いようです。

(1)誰かに必要とされていることを身をもって体験する
→子供を育てることが一番大きな自信につながることが多いのですが、それ以外でも仕事で誰かの助けになったり、友達の役に立ったりすることで自信を付けていきます。

(2)自分でできることが増えていく
→自分自身の可能性に気づくと、自信がついていきます。女性が習い事が好きなのはこの「可能性に気づく」からなのです。

(3)自分の知らない体験をする
→自分が今まで全く知らなかった経験を積むことで自信を付けていきます。旅行や留学好きの女性が多いのは、この「新たな体験」を得る機会がそこにあるからです。

(4)存在そのものを認めてもらえる
→恋愛において自信がつくのがここです。彼に「いてくれるだけで幸せ」と言われることで「自分が存在しているだけで良いんだ」という自信を付けていきます。

■受け入れる体制を

ここまでみてもらえると、男性ができることもわかってくるかと思います。
もし、彼女が幸せの中で不安を感じていそうなら、「大丈夫、一緒にいるだけで良いんだよ。ずっと守るからね」という様な感じで、彼女の存在そのものを認めるようにしましょう。
そうすると、彼女の不安も幸せへと少しは昇華させることができます。

不安になった女性も、「ああ、みんな幸せだと不安になるんだ。そっかそっか」とそういうものだと思うことが大切です。
不安になるのが当たり前だとわかることで、不安が何故か消えていきます。

不安というのは受け入れることで解消されるという、変わった性質を持っているのです。


イラスト:うさこ

織田隼人 |

釣り合い的恋愛観

ミサ:「33歳も過ぎると合コン、一気に減ってきたね」
ユキコ:「うん、微妙に男性陣に怖れられているというか、そういう空気を感じるね」
ミサ:「別に怖くなったわけじゃないのにね。やっぱ男は若い女の方がいいのかなぁ」

200707131




■若さの意味

若い女性の方がモテる。
一般的にそうなのですが、どうして「若い」とモテるのかは意外に知られていなかったりします。
もちろん、肌がピチピチしているとかそういった理由もあるのですが、それ以上に「女性が成長することで男性が恋愛対象から外してしまう」という理由があるから、若い女性がモテるのです。
この「成長することで男性が恋愛対象から外してしまう」という内容を見ていきます。


■釣り合うか?

男性の恋愛観で特徴的なのが「この女性は自分と釣り合うのか」ということを上にも下にも考えるところです。
たとえば、超美人はモテないと言われますが、これは「ここまで美人だと自分に釣り合わない」と男性が考えるからです。
超美人より、そこそこ美人のほうがモテるのは、「自分と釣り合うギリギリのレベルに入っている」とその女性を見て男性が思うからです。

さらに、この「釣り合うのか?」という男性の考え方は様々な切り口において考えられます。
・顔やスタイルが釣り合うか?
・学歴が釣り合うか?
・家柄が釣り合うか?
・気品や品格が釣り合うか?
・文化レベルが釣り合うか?
・今までの異性との付き合い経験が釣り合うか?
・・・・

これらの多くの項目で、「なんとか釣り合うレベル」に収まると男性の恋愛対象になるのです。


■積み上げたもの

さて、ではどうして若い女性がモテやすいのかというと・・・
若い女性がモテやすい理由は、「文化レベル」および「異性とのつきあいの経験」が釣り合いやすいからなのです。
特に大事なのが「文化レベル」の釣り合いです。

20代の中後半辺りから、多くの女性が「自分磨き」を始めます。
そうすると、その女性たちの文化レベルが上がっていきます。
「能」や「狂言」、「オペラ」や「クラシック」などの文化をたしなんだり、「フレンチ」や「懐石」などの食事を楽しむようになる。
そうすると、その女性たちは磨かれるのですが、多くの男性がその文化レベルに付いていけなくなるのです。

例えば文化レベルの高い女性をデートに誘うとして。
「ラーメン」に連れて行くのはもちろんNG。
だからといって、フレンチに連れて行くとしても自分がマナーが完璧かというとそうでもない。
しかも、それほど美味しいフレンチを知っているわけでもない。
こうなると文化レベルの差によって、「この女性と俺は釣り合わないな」となってしまうのです。
若い女性であれば、それほど男性が頑張らなくても、文化レベルの釣り合いは取りやすい。だから若い女性がもてはやされやすいのです。


■積み上げたものをリセット

「それなら、自分磨きはしないようがいいの?」と言われそうですね。
そんなことはありません。
自分磨き自体はすばらしい行為です。

ただ、自分磨きの後にもう1つやることがあるのです。
それが「アンラーニング」、つまり、自分を磨いた結果得ることができた「武器や鎧」を外す作業です。

人は何かを学ぶと、自分自身が鍛えられると同時に、武器や鎧を手に入れることができます。
例えば、知識を増やすと、本質を知る能力(自分自身が鍛えられる)と、知恵(誰かを攻撃する武器にもなり、自分を守る鎧にもなるもの)の2つを得ることができます。
この知恵の部分は人に見せようとすればするほど、人の本質を隠してしまいます。
武器や鎧しか見えなくなってしまうのです。

文化レベルもこの武器や鎧と一緒で、あまりそれを見せようとしすぎると本人の本質的な部分が隠れて、男性を退けさせてしまうことにつながってしまうのです。

もともと、恋愛にレストラン選びとか、スマートさとかはそれほど重要な要素ではなかったはずです。
それよりも、純粋さとか思いの強さ、その相手の人の優しさと言ったものこそが本質だったはずです。
この本質を見せ合える状態になるよう、学んだことをいったん捨ててしまうことこそが、男性に向けて自然と作ってしまっていた壁を取り除くことになるのです。

一緒にいて楽しい。幸せだ。
こういう恋愛に立ち戻るのはなかなかに難しいものですが、ただ、そういう方向に向かおうとするだけでも、鎧を脱いだ自分を再発見することにつながります。


織田隼人 | | トラックバック (0)

びっくりが大事

トモミ:「最近ねぇ、渾身のギャグを言っても、彼ってスルーするようになったの・・・」
サトコ:「それは・・・たとえイケメンの彼でも厳しいものがあるよね。何か反応してくれないと」
トモミ:「そうなのよー。私が変なことしても動揺しなくなったし、なんだかマンネリ気味かも」
サトコ:「うん、それって、刺激に欠けるよね~」

200707061

サトコは自分にとっての渾身のギャグを思い出しつつ、トモミに同調するのであった。



■冷静になる彼

付き合って最初の頃は、彼女が変なことを言い出すと動揺していた。
でも、1年もすると冷静に対処できるようになった。
男性からすると、「彼女が俺を困らせる方法がわかったので、ハイハイって対処できるようになった」という感じです。
自分が冷静でいると安心する男性は、彼女の行動を冷静に受け止められるようになることは良いことである、と考えます。


■困ってもらいたい

ところが女性からすると、ちょっと彼を困らせることを言って、彼の困った顔を見ることで満足するところがあります。
渾身のギャグも同じです。
冷静に対応されるのではなく、何かしらの大きな反応を期待しているのです。

そして、彼の反応がないと「ああ、マンネリだなぁ」とか「なんか面白くないかも」と思ってしまいます。

女性は彼の反応を見て楽しむために、ちょっかいを出しています。

ですから、男性の皆さん。
女性の「ちょっかい」には冷静な対応は必要ありません。
昔のように、ちょっとビックリしたり、困った顔で対応してみてください。
そうすれば、彼女も「むふふっ、してやった♪」という感じで返ってきた反応に喜ぶことができます。

実は、マンネリってこういうところから生まれてきたりするものです。
よく、男性は「俺は変わっていない」と言うのですが、「冷静になること」も変わったことの1つなのです。
これを理解して、前のような反応に戻すと、マンネリ化した気分もかなり解消できるのです。


イラスト:おかじ伸

織田隼人 | | トラックバック (1)