« 買い物脳 | トップページ | 遠慮が消える »

やっぱりイケメン

タケル:「俺、やっぱ思うんだ。イケメンって絶対得だよな」
ツヨシ:「・・・何を今更言ってんだ。そんな当然のこと」
タケル:「だって、男同士なら顔なんてそんな気にしないのに、女から見たらイケメン万歳! これが得と言わずして何と言うんだ」
ツヨシ:「分かり切ったこと、もう言うな。・・・寂しくなるから」

どうして、世の中顔で判断されるんだ。
同性には顔のインパクトはそれほどないはずなのに。どういうわけなんだ!
タケルは、理不尽な怒りをツヨシにぶちまけるのであった。


■異性の印象

同性であれば、性格を重視して相手を見ています。
ところが、異性であればどうもそうではないようです。

異性相手には、同性よりも外見を重視する傾向があるのです。

人間は、自分が知っているものであれば、より細かく判別することができます。
この細かさの1面が「性格」なのです。

たとえば我々人間がサルを見ても、サルの区別(前見たサルはどのサルなのか、など)をすることができません。
これは、サルについて知っていることが少ないためです。

これと同じで、異性についても「知っていることが少ない」ために、パッと見で判断できる部分、つまり外見で相手を評価してしまうのです。


■わかりやすさがキモ

異性というのは、自分の知らないところをいっぱい持っているものです。
(だからこそ、より惹かれあうのですが)

相手の異性から見て、自分自身も「よくわからない人」になっています。
ですから、そんな「よくわからない人」については、わかりやすいところで異性は判断します。

外見、マナー、仕事、資格、家柄・・・
特に外見は一番わかりやすいので、重視されるのです。

ただし、外見と言っても顔だけで判断されるわけではありません。
外見というのは、服装・髪型も含めて外見として判断されます。

人から見た印象というのは、自分でかなりの部分をマネジメントすることができるのです。

初デートの時などに気張ってお洒落をするのは、やっぱり有効なことなのですね。
内面を見てもらうために、外見を多少見栄えを良くして、仲良くなる。
そして、距離を近づけてから内面を見てもらう。
男女関係って、少し遠回りをしながら、二人の距離が近づいていくのですね。


イラスト:上田 城


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2007/03/23 |

« 買い物脳 | トップページ | 遠慮が消える »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38907/14356646

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりイケメン: