« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

買い物脳

佐藤:「そうだ、女性向けバーゲンが流行るんだから、男性向けにもバーゲンをやれば、きっと売上げも上がるはず!」
店長:「佐藤さん、良い考えなんだけど・・・」
佐藤:「え、ダメなんですか?」
店長:「実は、3年前に僕も佐藤さんみたいに考えて、男性向けバーゲンやったんだけど全然ダメだったんだよね・・・」
佐藤:「う゛、、、そうだったんですね。残念。」

男性にバーゲン。
「猫に小判」「豚に真珠」のようになってしまったのは何故なのでしょう。


■バーゲン好きな女性

太古の昔、女性の役割の1つは、木の実を集めることでした。
仲間の女性たちと、みんなで木の実を集める。
そこにゴールはなく、目に入った木の実をとにかく集めることが大切でした。

こうして、女性の買い物の脳は発達していったのです。

現代でも女性は、買い物に行くと目に入ったものをとりあえず、試そうとします。
男性用の洋服店よりも、女性用の洋服店の方が試着室が多いのはこのためです。
また、女性はゴールのないところであっても、木の実(現代では、服とかアクセとか)があれば探しに行きたくなるようになったのです。


■目的買いの男性

太古の昔、男性の役割の1つが狩りでした。
獲物を追いかけて捕まえる。
そこには明確な『ゴール』が存在します。

獲物を捕まえたら、家に帰れる。
獲物を捕まえなかったら、家に帰らない。
これが、大昔の男性の生き方だったのです。

こうして現代では、男性の買い物には『ゴール』が必要になったのです。

バーゲン自体には大きな目的が存在しにくくなります。
せいぜいが、「安いものを調査する」というレベルの目的。
これだけでは、多くの男性を引きつけることにまでは結びつかないのです。
男性向けのバーゲンがあまり開催されないのは、バーゲンをしても女性ほどは効果がないからなのです。


■買い物脳の比較

他にも、女性と男性とで買い物に対する考え方の違いが多数あります。

男性 女性
買い物の目的 買い物自体に目的が必要 ただ、見るだけでも楽しい
買い物中の会話 買い物に関係する会話がほとんど 買い物に関係しない日常会話も多くしている
比較 同一商品群で比較し、買うモノを検討している
(パソコンであれば、パソコンと比較している)
幅広い範囲での商品比較をしている
(パソコンと海外旅行と言った広い範囲での比較をしている)
重視するもの スペック重視
(パソコンであれば、CPU、メモリ、OS、などをしっかりチェックする)
イメージ重視
(パソコンであれば、家の中での存在感が大きいため、インテリアとしてマッチするかを検討項目にしている)
購買時の爽快感 長年欲しかったモノを買ったときにはかなり気持ちがよい(車など)。
普段は、それほど気持ちよいとは感じない。
1万円程度のアクセサリーでも、買ったら気持ちが良くなる。
稼ぐと買う 買うより、稼ぐの方に価値を感じる 稼ぐより、買う方を重視する
常連の扱い 何も言わなくても、「いつものタバコですね」と言われて、すっと商品を出されると気持ちよくなる。
新規の顧客などに店長が手を取られていても、「常連の俺はここで余裕を見せるのが『通』」というような考え方をする。
他の顧客以上に、気を配って特別扱いしてもらいたくなる。
新規の顧客に店長が手を取られていると、「私が常連なんだから、私を優先して欲しい」と考える。
口コミ スペックや機能を口コミで広げる。
マニアックなものほど、口コミ対象になる。自慢が口コミの源泉となることが多い。
使い心地、デザインなどを口コミで広げる。
とにかく、気に入ったものを人に話したくなる。

200703301

他にも、たくさん女性と男性とで、買い物に対する考え方の違いがあります。
お店をやっている人、販売をやっている人は要チェックしてみてくださいね。


イラスト:はらぺこ

織田隼人 | | トラックバック (0)

やっぱりイケメン

タケル:「俺、やっぱ思うんだ。イケメンって絶対得だよな」
ツヨシ:「・・・何を今更言ってんだ。そんな当然のこと」
タケル:「だって、男同士なら顔なんてそんな気にしないのに、女から見たらイケメン万歳! これが得と言わずして何と言うんだ」
ツヨシ:「分かり切ったこと、もう言うな。・・・寂しくなるから」

どうして、世の中顔で判断されるんだ。
同性には顔のインパクトはそれほどないはずなのに。どういうわけなんだ!
タケルは、理不尽な怒りをツヨシにぶちまけるのであった。


■異性の印象

同性であれば、性格を重視して相手を見ています。
ところが、異性であればどうもそうではないようです。

異性相手には、同性よりも外見を重視する傾向があるのです。

人間は、自分が知っているものであれば、より細かく判別することができます。
この細かさの1面が「性格」なのです。

たとえば我々人間がサルを見ても、サルの区別(前見たサルはどのサルなのか、など)をすることができません。
これは、サルについて知っていることが少ないためです。

これと同じで、異性についても「知っていることが少ない」ために、パッと見で判断できる部分、つまり外見で相手を評価してしまうのです。


■わかりやすさがキモ

異性というのは、自分の知らないところをいっぱい持っているものです。
(だからこそ、より惹かれあうのですが)

相手の異性から見て、自分自身も「よくわからない人」になっています。
ですから、そんな「よくわからない人」については、わかりやすいところで異性は判断します。

外見、マナー、仕事、資格、家柄・・・
特に外見は一番わかりやすいので、重視されるのです。

ただし、外見と言っても顔だけで判断されるわけではありません。
外見というのは、服装・髪型も含めて外見として判断されます。

人から見た印象というのは、自分でかなりの部分をマネジメントすることができるのです。

初デートの時などに気張ってお洒落をするのは、やっぱり有効なことなのですね。
内面を見てもらうために、外見を多少見栄えを良くして、仲良くなる。
そして、距離を近づけてから内面を見てもらう。
男女関係って、少し遠回りをしながら、二人の距離が近づいていくのですね。


イラスト:上田 城

織田隼人 | | トラックバック (0)

遠慮が消える

トオル:「俺、結婚しようかどうか悩んでるんだけど、結婚すると女って変わるって本当かなぁ?」
マサト:「変わる変わる。絶対、口うるさくなるって」
トオル:「やっぱそうだよなぁ」

結婚を決意する前に、男性が悩むことの1つが「結婚後の彼女は怖くなるのではないか」ということ。
実際のところ、どうなのでしょう?


■結婚前後

結婚前後で、女性の意識はどのように変わるのでしょうか?
たとえば、トイレットペーパーについて。
彼はトイレットペーパーはシングル派なので、いつもシングルを購入していた。
彼女はダブル派だった。

結婚前であれば、「たいしたことないから言わないでもいいや」と女性は考えます。
結婚後であれば、「これくらい、言っても大丈夫」と女性は考えるので、口を出すようになります。

女性は、相手に要求があるとき、言うか言わないかを「ホワイトゾーン」「グレーゾーン」「ブラックゾーン」の3つに分けています。

ホワイトゾーン
言っても問題なし
口を出す
グレーゾーン
言うかどうか悩む
結婚前後で対応変化
ブラックゾーン
言うべきではない
口を出さない

女性は、このグレーゾーンについての対応が結婚前後で変わるのです。

結婚前であれば、波風を立てないために言わない。
結婚後であれば、信頼関係ができているので、言う。
こういう変化が結婚とともに起きるのです。


■思ったほどキツくない

ところで、この女性の変化、男性にとってどれほど驚異になるのでしょうか?

実は、それほど驚異でもなかったりします。
ブラックゾーンについては、やっぱり口出しされないからです。

日常のちょっとした細かいところや、道を踏み外しそうになったときのアドバイスが増えるだけです。
大人になると、注意してくれる人っていなくなるもの。
その役割を、結婚して奥さんになった人がしてくれるように役割が変わるのです。

経営者って、実は奥さんに相談して物事を決めていたりします。
会社の詳しいところまではわからなくても、人間として、世の中の道理として正しいか正しくないかについては、損得以前のところで正しいことを奥さんが言ってくれるからです。

200703161

結婚という信頼関係ができあがることで、大事なことを男性は女性から教えてもらえるようになります。
結婚すると男性の仕事の能率が上がったりする背景には、こうした奥さんの「言葉」があったりするのですね。


イラスト:ムラクモ

織田隼人 | | トラックバック (0)

結婚に慎重

ヨウコ:「そろそろ結婚したいんだけど、彼、なんか結婚考えてなさそうなんだよね」
アケミ:「付き合って1年で、しかもまだラブラブなのに?」
ヨウコ:「うん、私にどこか悪いところでもあるのかなぁ」


■慎重な男性

付き合って3ヶ月とか、そういった短い期間で結婚するわけでもない場合には、男性はおおむね結婚に対して慎重になります。
結婚についても、男女の考え方の違いがあるのです。

女性は「恋愛(Love)≒結婚(Marriage)」と考えているのに対して、
男性は「恋愛(Love)≠結婚(Marriage)」と考えているのです。

だから、仲が良いカップルであっても結婚しないことがあるのです。


■捨てる覚悟

『結婚』は二人の関係を正式に社会に認めるとともに、二人以外との恋愛関係を排除する役割を担っています。
また、男性が1人の女性を生涯守ることを決意する場でもあります。
その女性が男性にとって生涯守るべき人であるのか、自分が守りたいと思える人であるのか、男性はそこを判断しているです。
ここがポイントで、好きな人=生涯守りたい人、ではないのです。

また、男性は女性以上に「この先もっと良い人が現れるのではないか」と考えるようにできています。
男性にとって結婚とは、その「この先現れるであろう良い人を捨てる」という宣言でもあるのです。
男性は女性より惚れやすいため(『気のあるそぶり?』参照)、この未来を捨てる覚悟が女性より多く必要なのです。


■結婚までの道のり

人を好きになるところから、結婚までの道のりの全体を見ていくと、とても面白いことに気づきます。

(1)恋愛に発展するとき。
多くの場合、女性が選択する側に回ります。

(2)結婚を決めるとき。
多くの場合、男性が選択する側に回ります。

(3)結婚が決まってから結婚まで。
女性の方が男性より大きなマリッジブルーに入ります。(男性は結婚を決める時点で、決意を定めてしまうことが多いため
そのマリッジブルーが2人にとっての最後の選択になります。

こうして、恋愛から結婚までの間に、何度かお互いに選びあうようにして結婚まで進むのです。

200703091

結婚相手がベストパートナーであることが多い理由には、結婚までの道のりで、自然に男女が選択しあって、この人が自分にとってベストな人であるかどうかを判定しあっているからなのです。

いくつもの試練を乗り越えて結婚に至った二人には、是非とも幸せになってもらいたいものです。


イラスト:はらぺこ

織田隼人 | | トラックバック (2)

気のあるそぶり?

アキオ:「絶対、イケると思っていたのに告白したのに、、、、断られてしまったよ」
トオル:「マジで?・・・そうか。残念だったな。俺も脈有りだと思ったんだが」
アキオ:「全く、女ってのは分からないものだな」

彼女が、俺(アキオ)に興味を示していたのは確かだと思う。
好意も少なからず感じた。
なのに、どうして付き合ってもらえなかったんだろう。


■俺に気がある?

男性の方が女性より、惚れっぽい性質を持っています。
理由の1つに、男性と女性のパーソナルスペースの違いがありますが、他にも理由があったりします。
それは、好意と恋心の関係性の違いです。

男性は『好意(Like)≒恋心(Love)』と考えています。
そのため、女性に好意を示されると、「ん? 俺に気があるのかも」なんて考えてしまうわけです。

ところが、女性の場合は全く違っています。
女性は『好意(Like)≠恋心(Love)』と考えています。

女性が男性に好意を示しても、必ずしも発展するわけではないのです。
ここが、男性が勘違いするポイントです。

男性が自分に好意を示してくれた女性に告白したところ、「私、あなたのことそんな風には考えられないの」とか「友達としては好きだけど、恋愛対象としては見ていないの」という回答が返ってくることがあります。
まさに、女性の『好意』を男性が『恋心』と勘違いしていた話ですね。


■LikeとLoveの違い

でも、この好意と恋心の違いを男性が見分けるにはどうしたらよいのでしょう?

実は、2つの切り口を見ていくと見分けることができるようになります。

(1)頼って欲しい、頼られたい という気持ちを強く持っているかどうか
恋心を抱くと、心の凸凹をお互いに埋め合いたいという気持ちがわいてきます。
その気持ちが具現化すると、頼りたい、とか頼られたい、という態度に表れてきます。

(2)二人きりになりたい、という意志があるかどうか
好意の段階では、「みんなで遊ぼう」というように二人きりにはこだわりません。
恋心が生まれていると、二人でいたいという強い意識が生まれます。
「二人きり」にこだわりを感じるのかどうかで恋かどうかがわかります。

200703021

とはいえ、結局のところ勘違いであってもそこからお互いに意識し出すことも多いのが現実。
特に男性は自分が好きだと思ったら、積極的にいってみてください。
多少は撃沈することもあるかもしれませんが、撃沈以上に得るものの方が多いはずですので。


イラスト:上田 城

織田隼人 | | トラックバック (0)