« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

家に対するこだわり

長く付き合った二人が、ついに結婚して新居に二人で住む。
今まで一緒に住んだことのない二人がいきなり生活を共にすることになる。
そうすると、どうしても二人の生活に対する考え方の違いでギクシャクしてしまうものです。
『慣れ』の部分もあるのですが、そもそも、男女で『家』に対する考え方が違うのも原因の1つだったりします。

男女の生活、特に衣食住の『住』についての考え方の違いをアンケート調査から見てみましょう。


◆希望する住宅機能・設備

希望する住宅機能・設備 性別 グラフ
独立したバス・トイレ 男性 71.2
女性 80.9
エアコン(備え付け) 男性 78.0
女性 71.7
収納スペース(180cm程度) 男性 40.9
女性 48.2
ガスコンロ(電気コンロはイヤ) 男性 39.9
女性 40.8
室内洗濯機置場 男性 36.6
女性 42.9
インターネット接続料込み 男性 45.2
女性 27.2
オートロック 男性 14.4
女性 34.6
追い炊きのできるバス 男性 22.7
女性 24.1
・・・・

◆希望する家賃とその他の条件が一致しない場合、最初に譲歩する条件

最初に譲歩する条件 性別 グラフ
築年数(古く) 男性 36.2
女性 22.8
設備(希望設備がなくても可) 男性 17.5
女性 15.2
沿線・駅(他の沿線・駅に) 男性 12.7
女性 18.6
面積(狭く) 男性 11.6
女性 18.3
家賃が高くても希望の条件を優先 男性 9.6
女性 14.7
通学時間(長く) 男性 12.4
女性 10.5

さて、これらのアンケート結果を見ていくと、大まかな男女の違いが見えてきます。

男性は家をくつろぐ空間として、とらえています。

また、家で『何ができるか?』という視点でも評価をしています。
『くつろぐ』と『機能』が満たされている場合には、男性の評価が高くなるようです。

対して、女性は家を生活空間として、とらえています。

収納や、築年(注1)、家事関係(台所、洗濯など)へのこだわりが大きい傾向があります。
その分、どうしても女性の方が家賃も上がり気味です。(注2)

200702231

特に結婚する際には、家賃やお互いの考え方の違いで、意見が分かれることが多いです。
事前に、相手はどんな考え方をしているのか、どういう視点で住居を評価しているのかだけでも知っておくと、話をまとめやすくなります。


イラスト:ムラクモ

織田隼人 | | トラックバック (0)

狙撃の素質

ちょっと、過去にさかのぼります。

2006年、とあるランキングが発表されました。
それが、AIRPORT Of The Year つまり、空港ランキングです。
そのなかで、なんと、関西空港が4位に選ばれました。

というのは置いておいて、なんと、関西空港のトイレが先の空港の中で1位にランキングされていたのです。

200702161

というわけで、清潔さ世界一に認定されたトイレを見るために関西空港に行ってきました。

入り口からです。
汚れがこれといって見あたりません。

200702162

洗面所も清潔です。

200702163

しかし、汚れるのはこの先です。
どうして、関西空港は清潔なのか。
その謎に迫るために、一人撮影を敢行しました。
他の人が入ってきたときには、そっとトイレを出て待つ。
それを繰り返しながら、ついにトイレの便器の撮影まで完了させました。

はい、キレイですね。

200702164

男性用の便器をじっくり見てみましょう。

200702165

ん、何か、何かありますね。

200702166

こ、これは・・・・









200702167

200702168

200702169

な、なんと、男性用トイレには『的』がついていたのです!!

男性は、的があると狙いたくなるという性質を持っています。
余談ですが、女性よりも男性の方が的当てや、ダーツの能力が平均して高いという実験結果もあります。

そう、関西空港のトイレが世界一になった理由は、男性の『的があったら狙いたくなる』という性質を利用したためだったのです!!


(注1)もちろん、清潔なのは掃除をしてくださる方のおかげであるのは言うまでもありません。
(注2)空港ランキングについては、こちらを参考にしました。
(注3)関西空港のトイレの記事はこちらも参考になるかと思います。
(注4)写真の使い方は僕秩を参考にさせてもらいました。


織田隼人 | | トラックバック (0)

「何のために?」ではなく

ユウコ:「ねぇ、このネックレスほしいなー」
トオル:「えっ? 何のために?」
ユウコ:「ちょっ、ちょっとー。何のためって、欲しいってだめなの?」
トオル:「だって、ネックレスって役に立つもんじゃないし・・・」

もうっ、トオルってどうしてこうなのかしら。
『役に立つ』とか『役に立たない』とかって関係ないのに。
本当にトオルは私のことが好きなのかなぁ。


■モノと愛情

多くの男性は、モノを買うことに対して「理由」を考えます。
というのも、男性は自分のやること自体に理由を求めるからです。

プレゼントにしても同じで、そこに『買う理由』が存在します。
付き合う前や付き合ってすぐの時であれば、彼女の気を引くため、自分の価値を知ってもらうため。

たまに女性が何か買ったときに「それって役に立つの?」なんて聞いてくる男性がいるかと思います。
女性からすると「役に立つ」「役に立たない」ではなく、思い入れがあったりとか、自分に合うとかそういう理由で買っていたりしますよね。
でも、理由を求める男性は「役に立つか」ということが気になってしまうのです。 そして「これ、役に立たないかな」と思うと、買うことを躊躇するのです。


■もらえなくて不安になる

誕生日とか、クリスマス、バレンタインなどに何も祝ってもらえなかったり、何もプレゼントをもらえなかった。
これだけで「私のこと、ホントに好きでいてくれているのかな」と不安になってしまう女性って結構多かったりします。

また、その女性の女友達が同様の価値観を持っていたときには、
 「私の彼はいつも奢ってくれるよ」
 「誕生日にプレゼントがないなんて信じられない」
 「そんなの、絶対愛してくれていないよ」
という感じの、危機感を煽るアドバイスをその女友達から吹き込まれることになります。

こうして、プレゼントをもらえない女性はどんどん不安になっていきます。

男性にとって役に立たないプレゼントであっても、女性にとっては愛情を感じる大切なものなのです。

200702091

一見「役に立たない」ものであっても、彼女にとっては大切なモノになるはずなので、是非、愛情を込めたプレゼントをしてみてくださいね。


ところで、そんな感じでプレゼントしない男性陣って一見ケチそうに見えまが、実はそんなことはなかったりします。
仕事のためにパソコンが欲しい、とか携帯電話の新しいのが欲しい、ということであれば喜んでお金を出すことが多いです。
特に、結婚してからは相手のスキルがUPしたりすることには、結構太っ腹になったりします。
ネックレスをねだっても躊躇されていたのが、資格をとるために勉強したい、とかであれば、さっとお金を出してくれたりといった事例は事欠きません。

これは、その男性の状況が「愛情を示す段階」ではなく、「二人の楽しい未来を作っていく段階」となっているからです。
なので、楽しい未来が見える内容であれば、相手のためにお金を使うことに違和感も感じなくなったりするのですね。

愛情がないわけではなく、愛情を示す段階から次の段階(二人の未来を作る段階)へと状況が変わっていただけなのです。


イラスト:はらぺこ

織田隼人 |

女性にモテる服装

サトシ:「俺、これから服装には気をつけようと思うんだ」
ユウジ:「そりゃいいこった。でも、どんな風になるんだ?」
サトシ:「そこがわからんので、悩んでいるんだ。どんな服を着たらモテるんだろう?」
ユウジ:「いや、それを俺に聞いても無駄だから・・・」


■お洒落も大事

やっぱり、人間は見た目も大事。(もちろん、中身も大事)
見た目をよくするには、ファッションに気遣うことも大事なことの1つだったりしますよね。

お洒落に気を遣っている男性と、お洒落に気を遣っていない男性とでは、女性からみて全然評価が変わってきます。
一緒に歩くなら、お洒落な人と歩く方が楽しいですしね。


■どんな服装?

お洒落がよい、と言っても、そのお洒落が自分だけのお洒落になっていたり、男同士だけのお洒落になっていることって結構あります。
特に多いのが、男同士でのみ通じるお洒落。
男性同士だと「これはカッコイイ」と感じあえても、その感覚が女性に通じないこともあるのです。

元々、目から入る情報も男性と女性とでは違うので、カッコイイと感じるものが違うのは、ある意味当然かもしれませんね。
(『先っぽ、すみっこ』参照)

でも、女性にウケが良い服装ってどんな服を着ればよいのでしょうか?
そもそも、それってどうやって調べればよいのでしょうか?

実は、男性向けのファッション誌を読むだけだと、女性にウケる服装はよくわからなかったりします。
というのも、男性向けのファッション誌は、男性が好むスタイルを提案しているためです。

200702021

女性ウケをねらうにはもっと別のアプローチをとる方法があります。
一番早いのは、女性に聞くことです。ですが、それが無理な場合も多いでしょう。
女性にウケる服装を選ぶためには、女性向けの男性アイドル雑誌やミュージシャン雑誌を読むようにしましょう。
こういった本の中には、まさに女性が好む服装がたくさん掲載されていますから。
自分に骨格や顔の印象が似ているアイドルやミュージシャンの服装をまねれば、かなりイイ線行くことができます。

相手に良い印象を持ってもらうには、相手の土俵に入ることが大事。
「敵を知り、己を知れ ば百戦危うからず」なのですね。


イラスト:上田 城

織田隼人 | | トラックバック (0)