« パーソナルスペース | トップページ | ストレスはおうちで解消? »

トーンダウンの前に

アカネ:「この前のコンパでケータイ番号交換した彼、いるでしょ」
サトミ:「うん、どうしたの?」
アカネ:「電話くれるって言ってたのに、全然電話してくれないのーー」
サトミ:「えーー!あんなに二人でテンション上がってたのに?」

コンパのあと、電話するって言って電話しない男性って何考えてるんだろう???


■急速冷凍

コンパや宴会などのフランクに異性と話が出来る場で、話が盛り上がり「この人イイかも」って思うことってありますよね。
そんなとき、勇気を出して携帯番号を交換する。メールアドレスを交換する。

男性からは「じゃあ、電話するね」とか「メールするね」と言ってくれるのに、実際は電話もメールもくれない。
こういう経験をした女性って結構多いようです。

どうして、男性が連絡をしないかというと・・・

(1)連絡する勇気がなかった
→もしかすると、2、3日中には電話・メールがあるかもしれません。
(2)なぜか、急に醒めた
→連絡が来る可能性はほとんどありません。
という2つの理由です。

急に醒める、というのが特に女性にわかりにくいところかと思います。
男性は、その場のノリで盛り上がることが多く、その場では相手の女性を気に入っていることが多いです。
ところが、家に帰って時間がたつと、ノリが良かったことは覚えていても、実際の相手の女性ってどんなだったかまでは覚えていなかったり・・・

これって、「盛り上がる」ということと「好きになる」ということが勘違いしやすいので起きている現象です。
1回会っただけの人に対しては、ほとんどの場合「盛り上がる」という状態です。

好きになるのはその盛り上がりが何回か繰り返された後なのです。
好きになる前、ドキドキしただけの状態だったから醒めてしまうのです。

恋愛の最初の段階って、盛り上がりを何回か続かせることが必要なのです。

これが、男性が急に醒める原因です。
嫌いになったとかそういう訳じゃなくて、何となく急に醒めていくのです。

■鉄は熱いうちに

コンパや宴会のように盛り上がりやすい場面で「連絡する」といった後に連絡が来ることを女性は期待しすぎないようにしましょう。
一晩たってしまうと、今後連絡がないことの方が多いです。

それよりも、女性からその日のうちに連絡を入れると、熱くなった思いが醒めないまま続くことが多いのです。

それを演出するのは男性だけの仕事ではなく、女性の仕事でもあります。
「連絡すると言ったのだから、待とう」というのではなく、気に入った相手に対してはその日のうちに連絡をすると、お互いの気持ちが醒めないまま続きます。

男性の側から連絡が欲しい、という気持ちもよくわかりますが、それはもう少し時間がたってからやってもらえばよいだけです。
ある程度仲良くなってくると男性から連絡するようになりますから。

付き合うという階段を登り切るには、たくさんの段差を乗り越える必要があります。
最初の一歩はどっちが踏み出しても、登り切ることが出来るのであれば、全然問題ないですよね。


イラスト:はらぺこ


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2006/12/07 |

« パーソナルスペース | トップページ | ストレスはおうちで解消? »