« 嫌々じゃないの? | トップページ | 女心と秋の空 »

なかなか褒めない

サトミ:「男の人ってあんまし褒めないよねー」
カナエ:「そうそう、どうしてだろうね?」

サトミ:「でも、急に褒められたりなんかすると『もしかして、私に気があるのかも・・・』なんて思ったりしない?」
カナエ:「あるあるー」

サトミ:「ま、実際は勘違いなんだけど」
カナエ:「うん、、、そうだよね・・・」

200810203

■褒めない男性

女性は比較的褒め上手。
男性より細かいところに気がつく上に、相手に共感する能力が高いからです。
女性は相手が可愛いと思ってやったことに対して、即座に「かわいいー」とか「すごいね」と反応することができます。

「あ、髪型変わったね、かわいいー」という風に、相手を褒めている女性って結構見かけますよね。

ところが、男性はそれほど褒め上手ではありません。(一部男性を除く)
というのも、女性と違って男性は細かいところに気がつきにくく、さらに、男性は相手に対してライバル心を感じやすいからです。


■たとえば職場

職場でこそ、褒める場面が多いのに褒めない男性が結構います。
これは、職場では男性のライバル心が燃え上がるからです。
同じ仕事をしていれば、男性にしてみればライバル。
ライバルは正々堂々と戦うもの。
こう思っているから、男性は(特に職場では)相手をあまり褒めないのです。


■褒める男性の特徴は?

そんななかでも、褒めるのが上手な男性もやっぱりいます。
こういう男性は、今までの経験から「うん、褒めた方が良いぞ!」ということを学んでいます。
そして、『褒める癖』というものを身につけています。
条件反射的に人を褒めることができるようになっているのです。
(結婚して奥さんに『調教』された結果、褒めるのが得意になった男性も多いようです・・・)

ここがポイントです。
褒め上手な男性は、条件反射で褒めています。
まさに、トレーニングのたまものなのです。

褒めるのが苦手な男性の皆さん、是非、『褒めトレーニング』をしてみてください。
褒め上手になると、褒められ上手にもなります。
人って、「自分を認めてくれる人」に対しては「コイツはできるヤツだ」と思う傾向があります。
褒め上手は「できるヤツ」と思ってもらいやすいのです。
褒めることはよいことなので、是非褒め上手になってくださいね。


■結構重要なおまけ

ところで、男性に褒められると「私に気があるのかしら・・・」と思ってしまう女性も少なくありません。
というのも、女性は好きな相手には好意を示そうとして『より、多く相手を褒める』という傾向があるからです。

ところが、男性は好きな相手に対しては『自分を大きく見せよう』とします。
もちろん、多少褒める量も増えるかもしれませんが、女性ほどは褒めの量に変化はありません。

むしろ、褒める男性は条件反射で褒めています。
この辺の感覚の違いは、勘違いが起こりやすいので、要注意だったりします。


イラスト:上田 城


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2006/10/15 |

« 嫌々じゃないの? | トップページ | 女心と秋の空 »