« 都合のいい女 | トップページ | 戦う/逃げる/聞く? »

失敗をチャンスに

ガシャーーン!!
食器が壊れる音が鳴り、数分後に夫婦げんかが始まっていた。

20分前
サトシ:「今日はオレが食器を洗っておくよ」

休みの日くらい、オレも家事をやっておかなきゃな。
こうしてサトシは食器を洗うことになったのだが、不可抗力で食器を落としてしまったのだ。

レイコ:「ちょっと、どうして壊してしまったのよ」
サトシ:「あ、いや、それが・・・」
レイコ:「だ、か、ら、どうして壊してしまったのよ!」
サトシ:「仕方ないじゃないか、壊れてしまったんだから」


■がんばった結果、ビクビク

良かれと思って行動したのに、結果的に失敗してしまうことってあります。

・頼まれていた買い物で、間違ったものを買ってきた
・近道をしようとして、道がわからなくなってしまった
・家の家具のネジがはずれたので付け直そうとしたら、ネジ自体が壊れてしまって取り返しがつかなくなった

こんなとき、相手にも迷惑を掛けているのはわかっているので、男性は「責められるのではないか」と思ってビクビクしています。

しかも、内心では自分の失敗を自身で責めています。

だからこそ、自分の身を守るために男性は逆ギレしてしまうことがあるのです。


■感謝するとき

男性が良かれと思ってやったことが失敗した。
このタイミングは女性にとっては男性に感謝される最高の機会です。

男性は「行動」に対して「結果」が伴わなかったときにショックを受けています。
そんな時にそっとして置いてもらえると、男性は自分を肯定してもらえていると感じ、女性に感謝します。

男性は声にこそ感謝の気持ちを言いませんが、女性に対するポイントは確実にUPし、その女性に対して優しい気持ちになっていきます。

この感謝の気持ち、本当に大きなものです。

「ああ、この人と付き合って良かったな」と男性がしみじみ感じるのが些細な失敗をしても責められないと感じた時なのです。

道に迷ったとき、買い物を間違えてきたとき、何かを壊してしまったとき、こんな時には「しょうがいないなぁ」という気持ちでゆったり受け止めてあげましょう。

お互いが臨戦態勢になれば、ケンカや行き違いが起こりやすくなります。
気まずい失敗を許すことが、男性の臨戦態勢を解くことにもつながりますよ。


■次回予告

「でも、失敗を許してしまったら男性にナメられるんじゃないですか?」

『失敗しても怒らないようにしよう』という説明をすると、上記のような質問を受けることがあります。
次回は、『都合のいい女』について解説します。


イラスト:うさこ


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2006/09/18 |

« 都合のいい女 | トップページ | 戦う/逃げる/聞く? »