« 彼を変える | トップページ | 人前で褒める・・・な? »

ほめ方を極める

「褒めたほうが良いってよく言われるんですけど。
 彼ったら、褒めたら調子にのるんです」

褒め方(ほめかた)』の配信後にメールでこのような感想がきました。

そうですね、単純に相手を褒めるだけではダメなのかもしれません。
どういう褒め方がいいのでしょうか?


■良い褒め方、悪い褒め方がある!?

一口に褒めるといっても、いろんなケースがありますよね。

たとえば男性上司が女子社員に向かって言うこんな褒め言葉。
「XXちゃん、今日はかわいいね」

男性上司にしてみれば褒めているつもりなのでしょう。
しかし、女子社員からすると『なんか気持ちわるーい、、、褒めるのなら仕事を褒めてよ』なんて思っていることでしょう。

これって、『良い褒め方』『悪い褒め方』もごちゃ混ぜになっているからやってしまうんですよね。


■褒め方の3分類

では、褒め方ってどんなものがあるのでしょう?

実は褒め方は3つに分類できます。

1つめは、とりあえず褒める。
2つめは、良いところを褒める。
3つめは、悪いところを褒める。



(1)とりあえず褒める

褒めた後、相手がどんな気分になるか、相手の行動はどう変わるか、を予想せずに褒めるのが『とりあえず褒める』ということです。

男性上司が女子社員に向かって「XXちゃん、今日はかわいいね」と言ったのがこの『とりあえず褒める』に当てはまります。

『とりあえず褒める』をやってしまうと、良い褒め方と悪い褒め方が混同してしまいますよね。
なにしろ、褒めた後にどうなるかわからないのですから、、、

むろん、まったく褒めないのに比べれば、とりあえずであっても褒めていたほうがよっぽど良いです。
褒めるのが苦手な方は、まずはここからはじめてみましょう。


(2)良いところを見つけて褒める

相手の良いところを見つけて褒める。
これが一般的に言われる『褒める』ということですよね。

仕事をキメこまやかにやってくれる人に「いつもキメこまやかなにしてくれているおかげで助かっているよ」という風に褒めることが『良いところを見つけて褒める』に当てはまりますよね。

「いつも手伝ってくれてうれしいな」
「今日のご飯、いつも以上においしいね」
「英語の成績、クラスで一番だったんだね、すごいね」

これらの言葉が『良いところを褒める』の例です。

良いところを褒められた人は、自分の良いところを再認識でき、気分も良くなります。
相手を褒めることで人間関係も良くなっていきますよね。

相手の良いところを褒めれるレベルにまでなるとかなりの褒め上手。
相手を認めることができると、周りからも認められるので是非ともこのレベルを目指してくださいね。


(3)悪いところを褒める

さらに、上級者向けの褒め方は『悪いところを褒める』です。
といっても「君の掃除をしないところが最高だね!」というイヤミったらしい褒め方をするというわけじゃありません。

いつも遅刻をしている人が、たまに遅刻をしなかったときに「時間通りにきてくれてありがとう」というように言うのです。

悪いところをほめると効果抜群です。

悪いところを褒めることで相手の行動も少し変わります。
なにしろ、「ああ、こうすれば喜ばれるんだ」と悟ることができるのですから。


■まとめ

『悪いところをほめる』
簡単そうですが、実はかなり難しいです。

人間ってどうしても悪いところに目がいってしまうんですよね。
そして、普通の行動をしても気づかない。
むしろ当然だと思ってしまう。

でも、子育ての場合は『1つできたらほめる』を繰り返します。
これってとても大切なこと。

恋人相手にも、夫婦でも、友達にも『1つできたらほめる』というのを心がけたいものですね。



Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2006/09/18 |

« 彼を変える | トップページ | 人前で褒める・・・な? »