« ハンディキャップ理論 | トップページ | いじめっ子特性 »

結婚予想

コウジは恋人のサチエに結婚をほのめかされている。
サチエは恋人としては満足だけど、結婚相手としては・・・どうなんだろう?
コウジからすると、サチエが急に怒り出すことや、口出しも多いことが気になって仕方がない。本当に、二人で一生やっていけるのかが不安になってしまっている。

コウジ:「なあシンゴ。やっぱ、結婚すると女って怖くなるのかなぁ」
シンゴ:「そりゃそうだろ。鬼嫁日記、読んだだろ」

コウジ:「そうだよなぁ、そんなもんだよなぁ」
コウジの悩みはどんどん深くなっていくのであった。

■結婚への恐怖

結婚に対して慎重になっている男性は多いです。
20代前半であれば、勢いでけっこんすることもありますし、30代後半になれば男性も焦り出すため、まだチャンスは多くあります。
しかし、20代後半くらいから30代前半くらいの男性はかなり慎重になっています。

多くの場合、女性より男性の方が結婚に対して慎重な見方をします。

というのも、男性は『生活』というものに関してあまり大きな期待とか夢を抱かないためです。
結婚に対して「支える人ができるので自由が無くなる」「結婚して尻に敷かれるのは嫌」と考えること男性が多いです。

■結婚後のヒアリング結果

さて、そんな男性のために『結婚した男性陣』に結婚後のヒアリングをしてみました。
多くの男性は口々に「自由が無くなった」とかいう台詞を言いますが、なぜか『笑顔』の男性が多かったのです。

分析するに、たとえ結婚相手が鬼嫁になったとしても、結婚して良かったと思っている男性は多いようです。

200608251

ただし、のろけ話をするのができないので、結婚後の状態を笑いながら「いやぁ、大変だよ」と言っているようです。

結婚生活の大変さを笑顔で語りつつも、「明かりがついている家に帰ると、なんだか、ほっとする」と言っていた男性の言葉が印象的でした。

200608252

■上手くいかせる方法

さて、ヒアリング時に、もう1点わかったことがあります。
それは、結婚後の奥さんに対する対処法です。

上手くやっている男性陣は以下のようなことを心がけていました。
女性のタイプを大まかに4つに分類して、その対策を見ていきます。

▼がんばり屋さんタイプ
▽特徴
家事をしっかりやるタイプ。男性に尽くすのが得意。男性からの愛情が返ってこないときこそ、尽くそうとすることが多い。

▽放っておくと・・・
がんばっているのを傍目で見ているだけだと、奥さんのストレスがどんどん貯まっていきます。そして、奥さんがさらにがんばるようになります。放っておくと愚痴っぽくなってしまうことも。

▽対応
自分から進んで家事を手伝うようにすると「そんな、悪いわよ」といいつつ、奥さんがニコニコします。
皿洗いとか積極的にやるように心がけるだけで、夫婦仲が良くなります。

▼しっかり者タイプ
▽女性の特徴
ある意味、「奉行」タイプとも言える。しっかり者なので、先回りしていろいろなことを考える。家計は完全に握ってしまうことが多い。
考え方がしっかりしているので、管理志向も少し強め。

▽放っておくと・・・
相手の言うことを聞くだけになってしまうと、どんどん奥さんの管理志向が強くなってしまいます。管理志向が強くなりすぎると、鬼嫁化してしまいます。

▽対応
サプライズに弱いので、ちょっとしたタイミングでプレゼントをあげるとか、デートに誘ったりすると「あ、いや・・・あははっ」といって照れてくれます。
俗に言うツンデレというやつですね。
夫の自発的行動があると、夫を頼っても良いと感じるので、管理志向も弱まります。

▼おっとりタイプ
▽女性の特徴
管理とかが苦手ののんびり屋さん。子供が生まれるまではこのタイプでいる女性も多い(子供が生まれるとどうしてもしっかりしなきゃいけなくなるのでタイプチェンジすることがある)。

▽放っておくと・・・
かまって欲しいオーラをどんどん出してくるようになります。
「相手にしてもらっている」ことを感じないと不機嫌になったり、ふさぎ込んだりしてしまいます。

▽対応
定期的に遊びに連れ出してあげると仲良しでいることができます。
家の中でも、ちょっとしたときにかまってあげたり、マッサージをしてあげたりすると、ほのぼのした空気が漂うようになります。

▼放任主義タイプ
▽女性の特徴
自分自身が忙しいため、相手を少しほったらかしにすることが多い。
仕事を持っていて、さらに自分大好きな女性に多いタイプ。

▽放っておくと・・・
男性からすると、接するのが非常に楽なタイプ。
そのため、放置してしまうとお互いの会話が知らず知らずのうちにどんどん減ってしまいます。
ケンカしたときなどは、なかなか譲ってくれないので、仲直りに時間がかかります。

▽対応
とにかく、相手をほめるところから会話を切り出すと上手くいきます。
1日1褒めくらいを心がけていくと、上手くいきます。
そのうち、お互いに自画自賛するような夫婦になって落ち着くことが多いです。
自画自賛夫婦になると、言いたいこともお互いに自然と言えるようになっているので、ケンカも減ります。

ちょっとしたところに心がけるだけで、夫婦の生活は楽しくなるようです。
特に、結婚前の男性はこの辺のことを知っておいてください。

結婚には確かにリスクも発生しますが、そのリスクに対する対処法も存在するのです。
笑顔で「そういや、自由が無くなったな」と言えるって幸せなことなのでしょうね。


イラスト:うさこ


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2006/09/24 |

« ハンディキャップ理論 | トップページ | いじめっ子特性 »