« うさこ編 不安への心構え | トップページ | 拒否の勇気 »

脱 合コン

「合コンに行っても、いい男って全然いないよね」
「そうそう、でも無駄とはわかっていても期待してしまう自分がいるよねー」

うん。
合コンって行く前はワクワク。
でも、結局は帰りにがっかりしての繰り返し。
世の中にはイイ男もいるはずなのに、どうして合コンには来ないのだろう。


■恋人のいない合コン

合コンは行くけれども、合コンで恋人が見つかったことがないという人って意外に多かったりします。
ところが、そういう人でも違う場所では付き合う相手を見つけてきたりします。
他でいい恋人が見つかる。
どうも、合コンに参加している当人達のレベルが低いとかそういう問題ではないようです。

合コンという『場』では一種独特な雰囲気が生まれてしまうのです。


■合コンの空気

合コンでは大したことがない男性に見えた
しかし、実際は仕事もバリバリこなせるし、社内で女性から慕われている。
こういう人って結構多かったりします。
この男性、どうして合コンではイイ男に見てもらえないかというと、合コンという場にいるからです。

200605261

合コンでは、男女の恋愛成立に対してのさまざまな『空気』が作られる環境となっているのです。
合コンで、男性が作り出す空気の特徴、女性の特徴、共通の特徴をそれぞれ見ていきます。

◆合コンで男性が作り出す空気
⇒自己PRをしようとして、焦りからついつい自慢気味になってしまいます。そうすると女性は楽しくなくなります。(ついつい自慢を 参照)
⇒普段の仕事の場でカッコ良かったり、スポーツをしていたとしても、合コンの場ではそれをアピールする方法が無くなってしまいます。(アピールすると、単なる自慢になりやすい)

◆合コンで女性が作り出す空気
⇒会ったばかりで警戒しているので、自分の失敗話などが出来なくなっています。そして会話にはずみがなくなります。
⇒とりあえず話を盛り上げないといけないので、興味のない話題であっても無理矢理興味のある振りをして盛り上げようとします。自分自身が面白くないので、結局楽しめないまま合コンが終わります。
⇒男性の『カッコイイ態度』に女性の恋心が反応しやすいのですが、合コンは単に話す場であるために、男性の『カッコイイ態度』に見つけることができません。(仕事やスポーツをしている男性を見るとカッコイイと感じるので惚れやすい)

◆男女共通で作り出す空気
⇒人間は、繰り返し何度も会った方が相手に好意を示し訳すなります。しかし、多くの合コンは1回限りで終わってしまいます。そうすると好意を感じる前に出会いが終わってしまうことになります。
⇒お互いが盛り上がる話を探すのに時間がかかってしまいます。そうすると最初はどうしても出身地や血液型、住んでいる場所や最近見た映画、好きな音楽といった当たり障りのない(お互いに面白くない)会話をすることになってしまいます。
⇒どうしても相手の異性が恋人を探そうとしているという雰囲気を読み取ってしまうので、イマイチ相手に魅力を感じにくくなってしまう。

これらの理由が合コンという『場』ではそろってしまうために、結局多くの合コンが無駄に終わってしまうのです。


■上手く出会いを作るには

もし、今まで合コンであまり良い経験をしていないのであれば、今までの合コンという場の雰囲気を変えてしまった方が上手くいきます

⇒何度も同じ相手と合コンをする。
2回目以降は話が盛り上がりやすくなりますし、下手な探り合いはやらなくて済みます。

⇒『合コン』にこだわらず、テーマで人を集める。
「美味しいスイーツをみんなで持ち寄って食べる」とか「結婚式の2次会の服をみんなで着よう」といったテーマを作ってしまいます。
テーマがあると、みんなの共通の話題も出来る上に、「恋人を探しに来ている」という『焦っている感じ』が消えるので、自然に相手に接することが出来ます。

出会いの場は、さまざまな形であって良いと思います。
自分にあった出会いの場を作っていきましょう!!


イラスト:うさこ


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2006/09/23 |

« うさこ編 不安への心構え | トップページ | 拒否の勇気 »