« 強気の法則 | トップページ | 会話はバトル »

立場が変わると

ケン:「川田課長、顔はイマイチなのにモテるよなぁ」
カズ:「何で結婚してるのに女が寄ってくるんだ?ここにオレみたいな独身のイイ男が居るのに!」
ケン:「やっぱり、人のものだとよく見えるのか??」
カズ:「オレはいつでもOKさ。カモンカモン ベイベー!!」
ケン「・・・・」


■状態によって変わる男性

彼女のいる男性は、彼女のいない男性よりモテると言われています。
「人のものだと欲しくなる」というのがその理由だといわれていますが、実はそれ以上の理由があります。
男性は『彼女のいない時』『彼女のいる時』『結婚している時』によって女性に対する態度が変わってくるからです。

例えば、こういう女性がいたとします。
彼氏との仲が冷め切っているのに、ずるずる付き合っている女の子。
彼女自身、彼とはもう上手くいかないと頭ではわかっているのだけれど、気持ちがついていっていない。

この女性に相談されたとき、『彼女のいない男性』『彼女のいる男性』『結婚している男性』はどう答えるのでしょう?

◇『彼女のいない男性』が答えると
「彼と上手くいってないんだね。さっさと次を見つけたほうがいいよ。せっかくだし合コンしようよ?」

彼女のいない男性は、周りの女性全員を彼女候補になるかどうかチェックしつつ、また、隙あらば出会いも増やそうとします。
このとき、男性の深層心理で『女性と知り合いになる、そして彼女を見つける』という目的がインプットされているのです。
そのため、彼女のいない男性はまず自分をアピールする傾向があります。

◇彼女のいる男性が答えると
「そっか、それは辛いね。俺の友達でも紹介しようか?」

彼女のいる男性は女性が困っていたら、なんとか助けてあげたいと感じます。
男性にとって女性は信頼を得るべき対象になるからです。
そのため、女性の悩みを解決してあげようとします。

◇結婚している男性が答えると
「そっか、辛いね。あんまり無理すんじゃないぞ」と言って、なぐさめてあげる。

結婚している男性は、困っている人をみると、「一緒に悩んであげよう」とか「相手の気持ちをわかってあげよう」という思いが出てきます。
既婚者の男性は、すでに女性を捕まえているために「あせり」というものが無くなります。
そして、相手の気持ちを思いやる行動を取ろうとする傾向が出てくるのです。


■既婚者がモテる理由

このように、彼女がいる/いない、結婚している/結婚していない、で男性は女性に対する態度が少なからず変わってきます。
同じ人であっても、男性は女性と付き合ったり、結婚すると女性に対する接し方が(自分でも気づかないうちに)変わってしまうのです。

そして、不思議なことに女性から見た男性の余裕は
彼女がいない < 彼女がいる < 結婚している
と写ります。

既婚者男性や彼女のいる男性がカッコ良く見えるのは、男性の立場が変わり、そのことによって男性に心の余裕を感じさせる態度が出てくるからなのです。

ちゅてきな男性

「イイ男には彼女がいる」という言葉がありますが、
・彼女がイイ男を離さないから という理由と、
・付き合ったり、結婚したりすると、イイ男になる
という二重の理由だったのです。


イラスト:はらぺこ


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2006/09/18 |

« 強気の法則 | トップページ | 会話はバトル »