« 来ないメールに・・・ | トップページ | 窮地のプライド »

気遣いと信頼

「アナタはいいわよね~。家ではいつもごろごろしていればいいんだから」
「料理するのも掃除するのも、洗濯するのも私ばっかり・・・」

妻がまたよくわからないことで騒ぎ出した。
そんなにやってほしいのなら、声に出して頼めばいいのに。
どうして女性はこんなまわりくどいんだ?


■男性は気遣いが苦手

男性って、「XXしてほしい」と言われないと動かないもの。
でも、女性は相手を気遣って言われる前に先回りして動くことができる。

そうすると、女性だけが相手のために動くようになります。
そして、女性は「どうして私ばっかり」と思うようになっていってしまいます。

しかし、男性はそんな女性の気持ちに気づくことができません。
男性には相手の気持ちを考えて先回りで何かしてあげるという文化が無いからなのです。

だからそのうち女性も自分の身を守るために「XXしてほしい」とお願いするようになります。
男性には言わなければ伝わらないと、肌で感じるのですね。

女性が男性にお願い上手になると、夫婦や恋人同士の関係がうまくおさまることが多いです。
(『おねだり上手』『続・おねだり上手』参照)

しかし、ここで一歩間違うと、悪循環が始まってしまことがあるのです!


■信頼できない

女性が口に出して「XXしてほしい」と言うようになっても、男性のほうは急にはできなかったりします。
今までの生活習慣をかえるのって難しいですからね。

そうすると、女性は男性を信頼できなくなってしまうことがあるのです。
相手を信頼できなくなった女性は、男性に何度も「XXしてって言っているじゃない!」と責めるようになったり、言っても無駄だから自分で全てやって不満をためこんだりしてしまいます。

一方の男性は男性で「信頼してもらえない」と思うと、やる気がなくなるもの。
何度も言われているうちに、相手とコミュニケーションを取ろうとしなくなっていきます。

■大切なのは気遣い

この悪循環を抜け出すには、お互いに相手に対する態度を変えるしかありません。

男性は、女性に気遣いの心を向けましょう。

女性が考えていることをすべて先回りでやることは不可能でしょう。
でも、女性は気遣いの心が自分に向いていることは敏感に察知します。

そして、安心し、男性を信頼することができるのです。

女性は男性のことを信頼している事を態度で伝えましょう。

男性は信頼されれば、前向きに動くようになります。
ちょっとした行動で、悪循環が好循環に変わるのです。

男性は気遣いが苦手で、女性は信頼が苦手。
お互いにこの弱点を克服できれば、どれほど上手くいくことでしょう。

思いやりのある気遣いは自分をも幸せにしてくれます。


イラスト:上田 城


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2006/09/16 |

« 来ないメールに・・・ | トップページ | 窮地のプライド »