« 知識を深める | トップページ | チャンスは2度くる »

頭の構造

「やっぱり、女の子は仕事を覚えるのが早いね」

美樹は新入社員のトレーナー(新人の教育担当)。
新入社員研修が終わり、新人が各部署に配属されて、2週間くらいたった頃にトレーナーたちの間にふと出てきたのが上記のような会話だ。

トレーナーとしての経験上、そして今回の新人を見ている限り、女性の方が仕事の飲み込みが早いようだ。
この違いはいったいどこから生まれてくるのだろう・・・

「センパーイ、この入力画面の操作方法がわからないんですけど」
美樹が上記のような長考に入りかけていたところを、新人に呼び戻された。
さあ、また張り切って新人のトレーニングに戻ろう!
美樹の1日はまだ始まったばかりである。


■脳の構造

『女性の方が物覚えが早い』と一般的に言われています。
こういわれる理由は、女性と男性の記憶力の違い、そして情報の整理方法の違いが関係しています。

男性が情報を頭で整理するときには、いったん構造化してから頭の中に情報を配置します。
男性は図書館のように整理されたところに情報を当てはめていくのです。
知識に関しては男性は整理をやっておかないと、頭に入らないのです。

続きものの小説やマンガが本棚で、『1巻』『3巻』『2巻』・・・というように順番が入れ替わって入っていたとき、イライラするのは女性より男性の方が多いようです。
こういったところにも、男性の知識の整理術が表れていますね。

女性が情報を頭で整理するときには、一度情報を受け止めて、大事なところをまとめるという作業をします。
女性はインターネットのように、いったんたくさんの情報を頭に格納し、Yahoo!のようなインデックス(情報を整理した情報)を作成します。

女性は男性よりも記憶の能力が高いために、整理された情報以外の情報も頭に残すことができるのです。

女性は脳の海馬が男性より大きく、整理される前の情報が保存されやすくなっているのです。

「彼との3回目のデートで行ったレストランのテーブルクロスの色」といった構造化とは関係のない情報も女性であれば取り出すことができます。
これも、女性の記憶力が男性よりも高いためにできる芸当なのです。


■女性の方が物覚えが早い理由

男性は整理する本棚が無い状態では上手に情報を格納することができません。
反対に女性は情報の構造化ができていない状態でも、情報を頭に保存しておき、取り出すことができます。

『女性の方が物覚えが早い』のは、情報の整理法がわからない状態であっても、女性は情報を頭の中に格納することができるからなのです。

効果的な読書法で『目次をじっくり読んでから本文を読む』というものがあります。
これは、目次を読んで頭に本棚を作り、上手に情報を整理できる状態を作ると良いという男性にオススメの頭の整理方法なのです。


イラスト:はらぺこ


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2006/09/18 |

« 知識を深める | トップページ | チャンスは2度くる »