« 好きといえない彼 | トップページ | ハッピーサイクル »

好きといわない彼

サチ「男の人って全然「好き」とかって言ってくれないよね~」
そう、ホントに私の彼は『好き』って言わない。

ミキ「付きあう前は言ってくれたのにね、最近はホント、全然」

これも、釣った魚にエサはやらないってことなの?


■いつ『好き』を伝えるのか?

男性だって、付き合う前とか付き合ってしばらくの間は彼女に『好き』と言葉に出して言います。
でも、しばらくすると言わなくなってしまいます。
なぜなら、男性は『好き』だと言うのに「理由」を必要とするからです。

男性は相手のことを「好き」になっても、それだけでは「好き」と言葉に出しません。
『付き合ってもらうために自分の気持ちを伝える必要があるなぁ』とか『相手に喜んでもらいたいなぁ』という想いがあって初めて「好き」という言葉を発するのです。


■不安の理由

ところが、女性の場合は相手に対する『好き』という気持ちがあふれてくると、彼に「好き」だと言います。

この男女の違いが女性に不安をもたらすことがあります。

女性は自分の気持ちを「好き」という言葉で表現するのに対して、男性は気持ちを「好き」という言葉でなかなか表現しないので、「この人は私のことが好きじゃないのかしら」と不安に感じてしまうのです。

女性は往々にして『好き』という言葉を言ってもらうことが、愛されていることのバロメーターになると考えがちですが、
『好き』となかなか言わない男性であっても、相手への愛情が薄いというわけではないのです。
ねぇ、ねぇ

言葉で愛情を伝えない男性は『態度』で愛情を伝えるものだと考えています。
「彼女と結婚するためにも社内で地位を上げておかないと」とか「(結婚している場合は)もっと稼いで家族を楽させてあげよう」と心の中で決意して働いている人も多いのです。
わかりやすくはありませんが。

ほんの少し、愛情の表現方法が違うだけなのですね。

次回は、男性が『好き』と言えないもう1つの理由を解説します。


イラスト:はらぺこ


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2006/09/18 |

« 好きといえない彼 | トップページ | ハッピーサイクル »