« 教えてもらう・教える | トップページ | もみもみで幸福 »

ONとOFF

最近、よく彼女のアユミにこういわれる。
「ツヨシ君、昔はもっとカッコよかったのになぁ。
でも、最近はなんかちょっと・・・」

そりゃ、多少は変わったかもしれないけど、そんなに深刻に言うほどでもないだろう。
どうしてアユミはそんなことを思うんだろう?


■変わった?

男性に「付き合ってからカッコ良さが減りましたか?」と聞いてみると、
ほとんどの人は「俺は変わってない」とか「少しは変わったかもしれないけど、たいして違ってない」と言います。

でも、女性に「付き合ってから彼のカッコ良さは変わりましたか?」と聞いてみると、
ほぼ全員が「もうっ、全然違う!!」とか「別の人間に入れ替わったみたい」というようなことを言います。

どうして、こうも男性と女性とで感じ方が違うのでしょう?


■カッコいい顔

付き合う前の男性は『戦い』のモードになっています。
男性にとっては『好きな人と付き合えること』は『勝ち』をあらわします。
付き合う前の男性は彼女を追いかけて、『彼女をどうやって勝ち取るか』という戦いの場に身をおいているのです。

男性の本領は戦いに勝つこと。
それゆえ戦っている最中の男性は「真剣」で「ひたむき」です。
そんな戦いのモードがONになっている男性に対して、女性は「キリッとしていてカッコいい」と感じるのです。


■本気でふやける

しかし、付き合ってしばらくすると、『彼女をゲットした』という満足感から、男性の戦いモードはOFFになります。
戦いが終わると、とことん休んで次の戦いに備えようとするのが男性の特徴。
そんなOFFの状態の男性は「だらしがなく」て「やる気を感じさせない」状態です。

だから、彼女ができると彼の戦いの場は『仕事』とか『スポーツ』とかに移ってしまうのです。
職場では颯爽としてデキる人であっても、家に変えるとパンツ一丁でソファーの上でゴロゴロするのが男性なのです。


■付き合っている女性からすると

こんなふうに、男性はONとOFFのモードを使い分けています。

男性にしてみると日常の中でONのモードを使っていることには変わりありません。
だから、男性は『自分はあまり変わっていない』と考えるのです。

しかし付き合ってしばらくすると、男性が彼女に向ける顔はOFFのモードばっかりになってしまいます。
だから、女性は『すっごく変わった』と感じるのです。

大変身!! びふぉー&あふたー

さらに彼が彼女に常にOFFのモードで接すると、彼女にもOFFのモードが伝染します。
彼にキレイな姿を見せようという(彼女の)気持ちがどんどん減っていくのです。


■ONのモードで会ってみよう!!

お互いに一番大事な人に、『カッコ良い姿』や『キレイ』な姿を見せていない。
これって、なんだかもったいないですよね。

男性の皆さん、たまにはONのモードを彼女に見せましょう!!

男性のONのモードを感知すると、女性も着飾ったり美しくなろうとします。
女性は相手にときめきを感じると、綺麗になろうとするからです。

ONのモードを女性に見せるために、こんな風なことをしてみませんか?
是非、やってみてください。

(1)会社の帰りにスーツでデート

会社の帰りにバーで待ち合わせ。
そして、二人で優雅な夜の時間を過ごす。

スーツは男性にONの状態を作ってくれる最強のアイテムです。
これを活かさない手はありません。



(2)スポーツしている姿を見せる

スポーツをしているシーンも男性のONの状態が良く出る場面。
特に高校生・大学生にはオススメです。
一生懸命な姿を彼女にも見てもらいましょう!!

ちょっとした工夫でONの状態はいくらでも作ることができます。
ONの状態を彼女に見てもらって、いつまでもトキメキあえる関係を作れるといいですね。


イラスト:はらぺこ


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2006/09/18 |

« 教えてもらう・教える | トップページ | もみもみで幸福 »