« 楽しむ時間は長く | トップページ | 倫理観ができるまで »

コミュニケーション方法

「やっぱり彼からメールが来ない」
「彼が『今晩電話する』って言ったから待っていたのに、電話かかってこなかった。こっちは気が付いたら電話抱きしめながら寝てたよ!」

やっぱり、男女間のコミュニケーションって難しい。
付き合う前はメールしてくれた彼、今はメールしてくれない。
電話するって言っても、忘れられてしまったり。
でも、会って話す分には彼もそこそこ楽しそう。
どうやら、仲良しではあるみたいなんだけど・・・メール無しじゃちょっと寂しいんだよね。
うーーーん、彼と上手くやってくにはどうしたらいいの?


■コミュニケーション方法はたくさん

男女間のコミュニケーションはそもそもの考え方が違うので、とても難しいものです。
メールは付き合いが深まるにつれて苦手になっていく男性でも、会って話す分には楽しそうだったり。
コミュニケーション方法を考えてみると「メール」「電話」「会って話す」・・・たくさんの選択肢があったりします。

よくある選択肢はこんな感じでしょうか。
携帯メール / 電話 / PCメール / IM(Skype、Yahoo!メッセンジャー、MSNメッセンジャー) / 手紙 / 会って話す

どんなときに、どのコミュニケーション方法を取れば男女間の関係が上手くいくのでしょうか?


■こんな使い方を

さまざまなコミュニケーションツールについてまとめてみました。

特徴 男女間ではこういう使い方がイイ!!
携帯メール 相手の都合に関係なく送ることができる。短いメッセージを送るのに便利。
短い言葉で何かを伝えようとするので、誤解が生じやすい。
携帯メールでの会話は入力が面倒なので苦手と思っている人も多い。(
特に男性に苦手な人が多い
文字の量が見ただけわかるため、「私ばっかり書いてる」と不満に感じることも。
付き合う前などの、多少労力をかけても大丈夫な時期にはとっても役に立つ。

PCを持っていない人への連絡にも便利。
電話 会話ができるので、一方通行にならない。
ただし、電話は掛けるのに勇気が必要。
特に忙しい相手に電話するのは結構気遣いをする
会話が始まるとお互いに楽しめる。
付き合う前の「たわいも無い会話」を楽しむのにもってこいのツール。
付き合った後でも、たまに話す分には電話は便利でたのしい。
メールよりは気持ちが伝わりやすいので、
メールでは誤解を招く!というときに便利
PCメール 長文を書くのに適している。
男性はPCメールが苦手な人も多い。
文章を書いた後に見直すことができるので、じっくり考えて書くことができる。
文章の量が目に見えてわかるので、どうしても自分の書いた文章と同じくらいの量が返信してもらえる、と期待してしまうのが怖いところ。
面白いHPなどのネタを送付するのにも便利。

また、
気持ちを整理するのにも便利
ただし、長文になったときには送信前に確認して短くしておいたほうが相手に負担を感じさせない。
IM
(文字での会話)
文字での会話ができる。
文字での会話ではあるが、その場でコミュニケーションができるので「私ばっかり字を書いている!」となりにくい。
相手がネット上にいるのを確認してからメッセージが投げれるので、「どうして返事がないの!」という状態になりにくい。

IMをやっている最中は、他のことも同時にできるので
結構気楽なコミュニケーションができる

PCをもっていないとできないのが弱点。
付き合ってからはとても重宝するツール

「今日こんなことがあったんだよー」という会話をするにはメールよりIMが最適。
その場で反応があるので楽しく会話することができる。

ネット上に一緒にいるのがわかるために、不安になりやすい女性であっても安心しやすい
「おやすみ」の一言を言い合うだけでも、仲良くなれる。
IM
(音声での会話)
電話と似ているが、相手にいつ話しかけて良いかが一目瞭然でわかるのが特徴。
文字メッセージで「話しよう!」と一言やりとりするだけで音声での会話にいける。
電話料金もかからないので、日常会話を楽しむことができる。
パソコンが無いと使えないのが難点。
電話と違って、相手にコールするときに悩まなくてすむ。
通話料もネット接続さえできればかからないので、
遠距離恋愛では必須のツール。

付き合って長くなると、音声から文字でのコミュニケーションになっていくことが多い。
手紙 書くのに結構な労力がかかるので、重みのあるメッセージになる
パソコンや携帯でメッセージを書くのと違って、気持ちが伝わりやすい。
相手が何かしてくれたときの「一言メモ」といった使い方をすると効果的
メモに自筆の文字が入ることで気持ちが伝わる。

長文の手紙は、相手の誕生日などに感謝の気持ちを伝えるといったときの使うと喜ばれたりします。
会って話す 身振り手振りや、声のトーンが伝わるので一番気持ちが通じやすい
誤解も生じにくいので、深い話をするときには会って話すのが一番。

ただし、気持ちをまとめながら話すと長くなってしまう。ケンカしたときなどはいったん日記に全部思ったことをぶちまけたりして気持ちを整理してから話したりといった工夫をするとさらに会話が伝わりやすくなる。
会えるのであれば、会って話すのが一番良い方法
時間さえ取れるのであれば会える機会を増やしたほうが良い。

ただし、相手の都合や付き合いを制限しすぎるのはNG

気持ちの整理が付かないときにはいったん友達に話すなどして気持ちを整理してから会って話すと、とても気持ちが良く伝わる。

付き合っているカップルには、IMが結構使いやすかったりします。
もちろん、PCをお互いに持っていないと使えないのが難点ですが。

いろいろなコミュニケーションツールがあるので、上手に楽しく使っていきたいですね。


イラスト:うさこ


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2006/09/18 |

« 楽しむ時間は長く | トップページ | 倫理観ができるまで »