« お姫様体験(1) | トップページ | 喜びの感じ方 »

お姫様

お姫様だっこ・・やったことのある方、やってもらったことのある方、いらっしゃいますか?
あれ、結構しんどいんですよね。
私は一度失敗しかけたことがあります。
ものすごくあせりながら、女性を持ち上げた経験。
男性の中にはこういう経験をなさった方も実は多いと思います。


■近場で優雅なデート

ところで男性の皆さん、女性がどんなデートをしたいと思っているかご存知ですか?
女性が望むデートのひとつが『近場で優雅な』デートです。
どうしてかというと、女性はたまには着飾って『お姫様』になりたいと思っています。
とはいえ、ハイヒールを履いた日には遠出してまで歩きたくはないのです。

男性の皆さん、女性がハイヒールを履いているときには遠出はよしましょう。
ハイヒールでつま先が尖っている靴はものすごく歩きにくいんですよ。

さて、話を元に戻します。

女性はたまには着飾りたいのです


男性とは違って、オシャレをすることも楽しみです。

女性のおしゃれの楽しみを満足させてあげるためにも、近場でのおしゃれなデートをしましょう

例えば、近所のオシャレなレストランに行く、簡単にいけるけどすっごくオシャレなバーに行く。
こういうことがものすごく大切です。
男性の皆さん、女性にずっとキレイでいてもらうためにも、『近場で優雅な』デートをしましょうね。


■女性はお姫様

女性はたまには『お姫様』になりたい、そう書きました。でも、ホントのことを言えば少し表現が違います。

女性は生まれたときからお姫様です


女性をお姫様のように扱うと喜ばれるのはそのためです。

お姫様になりたいのではなく、生まれたときからお姫様。
この微妙な違い、男性の皆さんにわかりますでしょうか?

ゼクシーのCMが流行っているのも、女性はお姫様だからなんでしょうね。あのCMからは「女性はみんなお姫様だよ」というメッセージが聞こえます。
男性の皆さん、女性はみんな自分のことをお姫様と思っています。
他の表現をする女性もいますが、『お姫様』が私は一番しっくり来るように思います。
男性の皆さん、女性を『お姫様』と思って女性と付き合っていってくださいね。
女性の本来の姿を認めてあげましょう。



Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2006/09/03 |

« お姫様体験(1) | トップページ | 喜びの感じ方 »