« 女性に相談してはいけない!? | トップページ | 傷つきやすい男心 »

怒りと悲しみの方向

「もうっ、ミキオ君なんて最低!!」

この一言で、彼が傷ついてしまった。
どうも私、イライラしていたみたい。
言わないほうがいい言葉ってあるってこと、わかっている。
でも、感情を押さえつけると、自分がおかしくなってしまう。
我慢をしすぎると、ちょっとしたことで、余計にイライラするようになってしまう。
どうしたらいいの?


■怒りを感じるって悪いこと?

怒りの感情をそのままぶつけると感情に慣れていない男性を、必要以上に傷つけてしまったり、ケンカになって仲が悪くなってしまったりします。
できれば男性に怒りの感情は、ぶつけないほうがいいですよね。

だからといって、感情を押し殺したり、我慢をしろと言っているわけではありません。
怒りの感情も、感性が豊かだからこそ生じるのですから。

では、どうしたらいいのでしょう?


■怒りの感情は相手向き、悲しみの感情は自分向き

怒りを感じたとき、少し立ち止まって『何に対して怒っているのか』を考えてみてください。

怒りを感じている時って、誰かに腹を立てているのです。
腹が立った原因って、自分に迷惑がかかったとか、自分の気持ちを考えてくれなかったとかですよね。
つまり、自分が『悲しい』思いをしたから、腹を立てているのです。

腹を立てているのは、実は何か悲しいことがあったからなのです

そして、怒りじゃなくて、悲しみを伝えてみてください。

怒りは相手に向けられるので、相手が受け止め切れないことがありますが、
悲しみであれば、自分に向けた感情なので、相手が受け止める必要がないのです。

受け止める必要が無いからこそ、相手は、悲しみを感じている人の気持ちを思いやる余裕が出てくるのです。

■たとえば

例えば、彼がデートに遅刻してきたとき。
「もう、待ちくたびれたじゃないの!」
「タクヤ君なんてサイテー」
というような怒りの感情をぶつけるのではなくて、

「待ち合わせ時間に来てもらえなくて、悲しかったの」
「一人で待っている間、とっても寂しかった」
と伝えてくださいね。

怒りではなく、悲しみを伝えられると、人は相手に思いやりの気持ちを向けることができるのです

特に、男性は怒りの感情を向けられると傷ついたり反発したりします。
ちょっとした発想の転換が、男女のケンカを1つなくしてくれるんですね。


イラスト:上田 城


Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2006/09/17 |

« 女性に相談してはいけない!? | トップページ | 傷つきやすい男心 »