« 男性向けプレゼント(選ぶ編) | トップページ | 男の癒され体験 »

男性に謝ってもらう(2)

「アナタって本当に謝らないのね!!」
ユキエさんは、夫のマサルさんにこう言いました。
マサルさんは、ユキエさんに頼まれていた掃除をしなかったのです。
マサルさんが悪いのは誰が見ても明白。
でも、マサルさんは謝らないんですよね。

『謝ってくれたら許すのに』とユキエさんはいつも思っています。
ユキエさんにしても、早くマサルさんと仲直りしたいのに。。。
どうすれば男性は謝ってくれるのでしょうか?


■追い詰めてはいけない

「あやまってよ!!」ユキエさんは、マサルさんをどんどん追い詰めていきます。
でも、マサルさんは追い詰められれば追い詰められるほど抵抗します。
「オレはそんなことは聞いていない。知らないと言ったら知らないんだ!!」

もはや意味不明。
それでも、マサルさんは抵抗するのです。

男性は、追い詰められれば追い詰められるほど抵抗します。

男性に謝ってもらおうと思って、問い詰めても謝ってもらえません。
どんどんケンカが泥沼に入っていくだけです。


■謝ってもらうには

男性を追い詰めても謝ってもらえない。
でも、何も言わなければもっと謝らない。
どうすればいいのでしょう?

ユキエさん、ある時ふとこんな言い方をしてみました。
「謝罪する気持ちはあるんだけど、言えないのね。わかったからもういいわ。」
そうするとどうでしょう。
なんと、マサルさんは「ゴメン、俺が悪かった」と謝罪したのです!!

まさに『押しても駄目なら引いてみな』という、ことわざ通りです。
ユキエさんは、まず許してあげることから始めたのです。
そう、ユキエさんはまずはケンカを収束させたのです。

女性の皆さん、男性に謝ってもらいたい時にはまず許してあげましょう。

そうすればケンカが収束し、男性は謝りやすくなります。

その時、「謝る気持ちはあるのね。じゃあ許してあげる」と先に言ってあげるのです

男性に、「アナタは謝る気持ちはあるのよ」と先制攻撃をするのです。
そうやって、謝ってもらえるように誘導します。
女性の皆さん、男性に対して『先に許してあげて謝ってもらう』というテクニックを使ってみてはいかがですか。



Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2006/09/03 |

« 男性向けプレゼント(選ぶ編) | トップページ | 男の癒され体験 »