« お姫様体験(2) | トップページ | お姫様 »

お姫様体験(1)

女性の方に『お姫様体験』をアンケートさせていただきました。
回答してくださった方、ありがとうございました。
思った以上に反響があり、びっくりしてますっ!!
たくさんの良い意見がいただけたので2週間にわたって紹介したいと思います。
全部を紹介することはできませんが、『すごく感動的なもの』と『多かったもの』からピックアップして紹介しますね。
今回は『お姫様抱っこ』と『花束』についてのお姫様体験を紹介します。


■お姫様抱っこ

お姫様抱っこは、たくさんの女性から「感動した」というメールをいただきました。
なかでも、ちょっと変わったお姫様抱っこは以下のようなものです。

◇車から降りた後、玄関までお姫様抱っこ。

◇私の場合は 上り階段でした。転びやしないかと ちょっとドキドキでしたが2人で階段を上っていて突然抱き上げられたのでびっくりして、重くはないのかと恥ずかしくて、彼のことが心配だったけど、う れ し か っ た ~ ~ 。

◇ちょっと高いところから降りるときに、両脇に手を差しいれて持ち上げておろしてもらう ことかな。よく、白雪姫とかで、馬とかから王子様がお姫さまを降ろす時のやり方。なに気にやられると、かなりうれしい。なかでも、こんなお姫様抱っこ経験 もありました。これは・・・・どうしたらいいのでしょうね(笑)

◇後輩の男の子達とスキーに行きました。本当に久しぶりなのに、普通のスキーより安定し ないショートスキーを履いてしまって、転ぶばっかりしていたのです。そんな私を見かねた後輩くん(スキーが上手)が「普通のスキーにかえましょう。」と いって、ついてきてくれたんですが、下りでカーブの坂にさしかかった時、「難しいですよね?ストック持っててください。」と言って、ひょいっと私をお姫様 抱っこして、すいーっと滑って降りてくれたのです。どきどきで、しばらくぼーっとしておりました。

男性の皆さん、女性はやっぱりお姫様抱っこが大好きです
いつでもできるように、腕を鍛えておきましょう(笑)


■花束

「花束をもらってうれしかった」
そんなメールもたくさんいただきました。

◇大きな花束を持って車でお迎えに来てくれました。そして、連れって行ってくれたのは、お台場のロケーションのすてきなレストラン。

◇会社の帰りに皆がたくさん見てる中で花束を渡された事。

◇25歳の誕生日に、男性が25本のチューリップ(誕生花)を持って職場に現れた。かなり羨ましがられた。

やっぱり、花は女性に喜ばれますね。
でも、こんな意見もあるのですよ。

◇独身時代、100本の薔薇を貰ったことがあります。別に何の記念日でもなく、付き合う ことになったから・・これがもう、粗悪なもので、重いし、とげもとっていないし、葉はぼうぼうだし、花もただ咲いているだけで品がなく、すぐに腐ってき て、散々苦労しました。これなら、上等な一輪のほうがどれだけ気が利いていることか。

男性の皆様、女性は花に詳しいです。
下手な、量だけあるものは迷惑。
特にとげのとっていない安い薔薇は、怪我させますよ。

うーん、厳しいけれども、とてもありがたいご意見ですね。
男性の皆さん、参考にしましょうね。

「じゃあ、花束を渡すときのポイントは?」という問いにはこんな内容が参考になるのでは?

◇花束を頂く事は結構多くありますが・・・開店祝い?程ありそうな(笑)両腕に抱えきれ ない程大きな大きな豪華な花束を何でも無いときに「おまえの好きな花が売ってたから・・」とプレゼントして頂きました♪☆ポイント:みんなと同じ~じゃ駄 目。。印象に残るような~が大切かも?

まさにその通りですね。
お姫様は特別な存在。
男性の皆さん、女性に花束を渡すときには、印象に残る雰囲気の中で花束を渡しましょうね。
なるほど。
みんなの前で花束を渡される というお姫様体験がありました。
これはまさに、特別なシチュエーションが作られているからなのですね。


■今回の締め

男性の皆さん、女性のお姫様体験を読んだ感想はいかがですか?
「お姫様体験って、ちょっと負荷が大きすぎるなぁ」と感じた男性もいるのではないでしょうか。
今回は、定番の『お姫様抱っこ』や『花束』の話だっただけに、男性にとって実行するのにハードルの高い内容ばかりでした。(女性にとっては、低いハードルに感じるかもしれませんが、)

来週は男性がもっと簡単に実行できる『お姫様体験作り』を特集しますね。
さて、皆さんにお願いです。今回のお姫様体験、お友達に転送してあげてください。
特に、男性の友人にこの内容を紹介してあげてください。
きっと、男性のためになると思います。
いつかは今回紹介した内容を(たくさんの男性に受け入れられ)女性が体験できるといいですね。



Twitterでのつぶやかれ

織田隼人 2006/09/03 |

« お姫様体験(2) | トップページ | お姫様 »